FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

矢野顕子さん、NYライブ大盛況で幕

「Akiko Yano Trio featuring Will Lee & Chris Parker」

シンガー・ソングライターでピアニストの矢野顕子さんが21日、ニューヨーク・イーストビレッジのJoe’s Pubでライブ「Akiko Yano Trio featuring Will Lee & Chris Parker」を開催した。

トリオの息ぴったり演奏が観客を魅了=7月21日、ニューヨーク(撮影・高橋奈)

トリオの息ぴったり演奏が観客を魅了=7月21日、ニューヨーク(撮影・高橋奈)

これは3月14日に大雪のためキャンセルになったライブの振替公演。

今回のライブを楽しみにしていた多くのファンが拍手喝采で矢野顕子さんとベース兼ボーカルのウィル・リーさん、ドラムスのクリス・パーカーさんといったニューヨーカートリオを迎えた。

伊勢丹の新たなコラボレーション企画「YANOTAN」でもオープニングを飾った「そりゃムリだ」から始まり、名曲「ラーメン食べたい」までの7曲を大熱唱。アンコールには代表曲の一つ「ひとつだけ」と、アンコールの定番ともなっている「Gasoline and Matches(Buddy&Julie Miller)」の2曲が披露された。

パワフルな演奏と歌声で観客を魅了した矢野顕子さん=同

パワフルな演奏と歌声で観客を魅了した矢野顕子さん=同

3人の息ぴったりの力強い演奏で会場は常に活気があふれ、曲の合間には矢野さんが英語で説明やコメントを挟み、観客の笑いを誘う場面も多く見られた。

ライブ後、観客の拍手に応えてあいさつをするトリオ。(左から)ウィル・リーさん、矢野顕子さん、クリス・パーカーさん=同

ライブ後、観客の拍手に応えてあいさつをするトリオ。(左から)ウィル・リーさん、矢野顕子さん、クリス・パーカーさん=同

会場は多くのファンでほぼ満席という盛況で、ニューヨーク在住のジャズピアニストの大江千里さんや、日本からニューヨークに休暇で訪れていた女優の薬師丸ひろ子さんも友人に誘われて来場。
本紙の取材に大江さんは「最高です。僕が見てた、僕の大好きな70年代のKYLYN(きりん)のころのあっこちゃんに近くて、あっこちゃんはどこまで攻めるんだという感じです」と語り、薬師丸さんは「もう、とてもすてきでした」と感激しながら感想を述べた。

ライブ終了後、矢野さんは「いつも毎回毎回ベストなんですけれども…本当に今日はベストです」と笑顔でコメントし、ファンと会話するなど交流の時間を楽しんでいた。

★この日のライブの曲名一覧

1 That’s Unreasonable そりゃムリだ
2 Chinsagu no Hana ちんさぐの花
3 Rockin’ Pneumonia and Boogie Woogie Flu(Johnny Rivers) ~ Firecracker(YMO)
4 Time(Jonatha Brooke)
5 Don’t want to Stop It やめるわけにゃいかないわ
6 Godzilla ~ Mothra ゴジラのテーマ〜モスラの歌
7 I Want Ramen ラーメンたべたい

〈アンコール〉
1 Hitotsudake ひとつだけ
2 Gasoline and Matches(Buddy & Julie Miller)

 


ページのトップへ