FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

マンハッタンの地下公園、実験的にオープン

地下なのに緑あふれる公園「ロウライン(Lowline)」
来年3月まで披露

建設プロジェクトが進行中のマンハッタンの地下公園「ロウライン(Lowline)」の実現に向け10月17日、実験的にロウアー・イーストサイドの2ブロックを披露する「ロウライン・ラボ」がオープンした=写真は公式サイトから。来年3月まで6カ月のオープンで、一般向けには週末のみのオープンとなる。

1107-NYnews-lowline-21992997530_5a745eab86_o

トロール電車の地下ターミナル跡地を公園に

「ロウライン」は1903年から48年まで使われ廃駅となったトロール電車の地下ターミナル「ウィリアムズバーグ・トローリー・ターミナル」の跡地を公園にする計画。

1107-Ny-news-lowline-web-22110015881_b787d5d7d1_o

地下でありながら緑あふれる公園を造る仕組みは、地上に太陽光収集装置を設置し、採取した光を光ファイバーケーブルで地下に運び、反射板を使って照らすというもの。
ロウアー・イーストサイドのDelancey Street駅の東端の地底、Essex Street駅(J、Z各線)に隣接する場所に建設予定。

共同創案者は米航空宇宙局(NASA)での職務経験を持つ建築家ジェームズ・ラムジー氏と、米グーグル勤務の職歴を持つソーシャル・イノベーション・ネットワーク「ポップ・テック」の重役ダン・バラシュ氏の2人。
◎情報
【期間】2016年3月までの土日 午前10時〜午後4時
【場所】140 Essex St(bet Rivington and Stanton Str)
【地下鉄】J、M、F各線のDelancey Street / Essex Street駅
【ウェブ】www.thelowline.org/


ページのトップへ