FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

タイムズスクエアに恋人のための「キス用ブース」登場

バレンタインデーに向け、2月9日から3月6日まで

タイムズスクエアに「キス用ブース(kissing booths)」が、2月9日から3月6日までの期間、設置される。
ブースをデザインしたのはニューヨークのデザインコラボレーショングループ「Collective–LOK(CLOK)」という団体で8年前からタイムズスクエア振興組合(Times Square Alliance)で毎年行われている「バレンタイン・ハート・デザイン」コンテストの優勝者。

 

Rendering courtesy of Collective-LOK.

Rendering courtesy of Collective-LOK.

 

設置場所は、46丁目と47丁目の間のファザー・ダッフィ・スクエア(Father Duffy Square)と呼ばれる場所だ。CLOKの優勝作品「ハート・オブ・ハーツ(Heart of Hearts)」は、3メートル強の高さの鏡で作られたハート9個がぐるっと円状に配置されるもの。一つ一つのハートの中にはダイヤモンド状の空間が作られており、カップルがその中に立ってキスをできるような広さが確保されている。同コンテストは「センター・オブ・アーキテクチャ」の主催によるもので、タイムズスクエアで毎年バレンタインデーに行われているイベント「ラブ・イン・タイムズスクエア」に併せて実施されている。

「ラブ・イン・タイムズスクエア」はカップルたちが愛を誓うイベントとして知られ、ウエディングドレスで登場するカップルやプロポーズをするカップルなどが毎年数多く参加している。

詳細:www.timessquarenyc.org


ページのトップへ