FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

第53回NY映画祭が開幕!

オープニング作品は、話題の「ザ・ウォーク」

1003-04men-NYnews-NYfilm-fes-872072_1280x720

9月25日、「第53回ニューヨーク映画祭」が開催された。
ローマ法王の訪問と重なったため、25日に上映を予定されていたオープニングを26日に変更するという異例の措置が取られた。
オープニングを飾ったのは、米同時テロで崩壊した世界貿易センタービルのツインタワーの頂上間をワイヤーで渡った実在の人物、フランス人フィリップ・プティを描いた「ザ・ウォーク」(日本公開は2016年1月23日)。オープニングに併せて行われたニューヨークプレミアには、ロバート・ゼメキス監督、主演のジョセフ・ゴードン=レビット、そして主人公のモデルとなったフィリップ・プティ本人も来場した。そのほかニューヨークならではのラインアップだ。映画祭は10月11日まで。(ニューヨーク・ビズ 2015年10月3日号掲載)

ニューヨーク映画祭とは、1962年に開始された国際映画祭で、通常のコンペティション形式の映画祭とは一線を画し、“映画芸術”を推進する非コンペ形式の映画祭として、世界のインディペンデント作品の発掘と育成に力を入れている。

■情報 ニューヨーク映画祭:http://www.filmlinc.org/nyff2015/

 


ページのトップへ