FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

“世界で最も魅力的”な生き物、クロコダイル展がオープン

アメリカ自然史博物館、翌年1月2日まで

アッパーウエストにあるアメリカ自然史博物館(Central Park W & 79th St)で28日から、「CROCS: ANCIENT PREDATORS IN A MODERN WORLD」(クロコダイル:近代世界に生きる古代のプレデター)の展示が始まる。

展示品に見入る親子連れ=24日、ニューヨーク(撮影:小杉)

展示品に見入る親子連れ=24日、ニューヨーク(撮影:小杉)

当展示では、クロコダイルやアリゲーターの生態や歴史、人間社会との関わりについて学べる。

館内には、実物大のクロコダイルのショーケースや、クロコダイルとアリゲーターの違いを触って比べられる骨のレプリカが展示され、クロコダイルのかむ力を知ることができるゲーム感覚な展示物も用意されている。また、クロコダイルの中で最小の「カイマン(Caiman)」や、最大の「イリエワニ(Estuarine Crocodile)」など多種類の実物大ジオラマを見ることが出来るなど、見て触れて楽しめるものが充実している。

 

クロコダイルのかむ力をテストできる展示物に触れる子供(© AMNH/C. Chesek)

クロコダイルのかむ力をテストできる展示物に触れる子供(© AMNH/C. Chesek)

「クロコダイルは世界で最も魅力的で、ときに恐れられる生き物であり、いまだ地球の生き物の偉大な歴史の中での役者です。この新たな展示会で引き続き、自然世界への理解を深めてもらいたい」と、同館館長のエレン・ファッターさん。展示は翌年1月2日まで。

 

■展示情報
American Museum of Natural History(アメリカ自然史博物館)

場所:Central Park West at 79th Street
電話:212-769-5100
営業時間:月〜日 10:00am〜5:45pm(サンクスギビング、クリスマスを除く)
公式サイト:http://www.amnh.org/

◎アメリカ自然史博物館とは、
動植物、鉱物など自然科学・博物学に関わる多数の標本・資料を所蔵・公開している。1869年に設立され、毎年100を超える特別野外探査を主催している。


ページのトップへ