FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

サー中松博士講演会「私は死んでる暇がない」

9/26、日本クラブで

0917-06men-head-shot

日本クラブは9月26日(月)、昨年に引き続き、サー中松博士(ドクター・中松)=写真=を招き、講演会「私は死んでる暇がない~I have no time to be dead~」を開催する。

博士は国際創造学者、工学・法学・医学・科学・人文学博士で、エジソンを抜き、世界第1位の発明件数を誇る“発明家”として知られ、今回はニューヨークに「ドクター・中松博物館」特別イベントのために来米する。

博士は、2014年に、治療法のない「導管がん」で余命2年と医師より宣告を受けたが、「がん等病気撲滅の発明DNT(ドクター・中松セラピー)1~10」の発明を余命を迎える1週間前に完成。心を鼓舞する歌・本・飲み物・食べ物、がん撲滅ロボット「がんがんロボット」など10の方法の効果を、現在自らの体で検証している。

本講演会では、博士の近年の活動を中心に、さまざまな話が聞かれる。講演後には質疑応答も行われる。

■概要
【日時】9月26日(月)午後12時半~1時45分
(受け付け、食事:午前11時45分~午後12時半/講演:午後12時半~1時半/質疑応答:午後1時半~1時45分)
【会場】日本クラブ2階ローズルーム(www.nipponclub.org
【住所】145 W 57th St(bet 6th & 7th Ave)
【参加費】50ドル、日本クラブ会員40ドル(弁当代を含む)
【申し込み、問い合わせ】212-581-2223、naito@nipponclub.org(日本クラブ担当:内藤)


ページのトップへ