FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

「妖怪ウォッチ」がついに米映画館に登場!

一日限定!【10月15日(土)】全米300箇所で上映

 

10月15日(土)午前11時より、北米全土の映画館およそ300館にて『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』英語版「YO-KAI WATCH:THE MOVIE」が上映される。
主催は「イナズマイレブン」シリーズや「レイトン教授」シリーズなどのヒット作を送り出してきたレベルファイブとFathomイベント、配給はイレブンアーツ。

「YO-KAI WATCH:THE MOVIE」のポスター(PRNewsFoto/LEVEL-5 abby Inc.)

「YO-KAI WATCH:THE MOVIE」のポスター(PRNewsFoto/LEVEL-5 abby Inc.)

一日限定で開催されるこのイベントでは、映画版「妖怪ウォッチ」シリーズ第一弾を上映。同作品は、日本での公開後2日間で約150万人を動員、最終的な興行収入は78億円を越え、数々の日本映画の記録を塗り替えたことでも話題となった。今回は、英語吹き替え版として北米に初上陸する本作をフルスクリーンにて堪能することができる。

テレビアニメ「YO-KAI WATCH」は2015年10月より北米Disney XDチャンネルで放送開始、今年4月にはNetflixにての配信も開始され、全米でヒットを記録している。今回はファン待望の映画上映イベントとなる。さらにここでしか見られないスペシャル映像も公開される予定だ。

当日、入場者に数量限定でプレゼントされるのが、映画内でも物語のカギを握る新キャラクター「フユニャン」(北米ではHovernyan)の妖怪メダル。妖怪メダルは、Nintendo社より9月30日に発売される3DS用ゲームソフト「YO-KAI WATCH2: Bony Spirits」「YO-KAI WATCH2: Fleshy Souls」、Hasbro社から10月1日に発売される「Yo-kai Watch Model Zero」、さらにはスマホアプリの「YO-KAI WATCH LAND」、「YO-KAI WATCH Wibble Wobble」とも連動が可能で、1枚で何通りもの楽しみ方があり、日本で社会現象を巻き起こした要因となったアイテムだ。このレアメダルが入手できるチャンスは、このイベントだけとなる。

—————————————————————-

本映画でもアニメ同様に主人公はケータ(北米ではNate)。ある日、寝ていたケータの腕から突然、妖怪ウォッチが光を放って消えてしまう。手がかりを求め祖母の家のあるケマモト村に向かったケータは、そこで妖怪ウォッチが消えた謎の鍵を握る妖怪フユニャンと出会う。ケータは妖怪ウォッチを取り戻すため、ウィスパーやジバニャン、フユニャンとともに60年前の世界にタイムスリップするが、そこには強大な敵が待ち受けていた・・・!

チケット購入はウェブまたは、本イベントに参加しているお近くの映画館まで。

「YO-KAI WATCH:THE MOVIE」が公開上映される全米の映画館のマッピング

「YO-KAI WATCH:THE MOVIE」が公開上映される全米の映画館のマッピング


ページのトップへ