FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

近藤良平日本むかしばなしのダンス『はなさかじいさん』

ジャパン・ソサエティー

Hanasaka Jiisan (c) Naoya Ikegami

Hanasaka Jiisan (c) Naoya Ikegami

ジャパン・ソサエティー(JS)舞台公演部では10日(土)、11日(日)の2日間にわたり、ダンス・カンパニー「コンドルズ」によるダンス作品『はなさかじいさん』を上演する。
また、『はなさかじいさん』に先行して、ニューヨーク在住のパペット・アーティスト、菊地麻衣子さんによるウィットに富んだ人形劇『PINK BUNNY』も上演される。
近藤良平さんと彼の率いるコンドルズのメンバーが、大人も子供も一緒に楽しめるダンス作品『はなさかじいさん』を披露する。
ニューヨーク・タイムズ紙に「日本のモンティー・パイソン」と評された男性舞踊手のみからなるダンス・カンパニー「コンドルズ」は、結成20周年を記念した今年のNHKホールでの公演も即日完売し、NHKの「サラリーマン体操」や「からだであそぼ」などでもおなじみのグループとして、いま日本で圧倒的人気を誇っている。
遊び心を極めれば大人も子供も楽しめるとして、大の大人が一生懸命本気で遊ぶコンドルズ・メンバーたちのパフォーマンスは、まさに「子供と大人のためのダンス」。話をしたり、質問をしたり、話をたどるのではなく、感じてほしいというコンセプトで作られたこの作品は、しゃれっ気と、シュールさと、ダイナミックさを兼ね合わせた近藤良平さんならではのもの。
普通の『はなさかじいさん』とは一味違う、思わず大人も夢中になってしまう秀作だ。
■概要
【日時】12月10日(土)午後7時半、11日(日)午後2時半(全2回公演)
【会場】JS内 劇場
【住所】333 E 47th St
【チケット】一般28ドル/JS会員23ドル
【詳細】japansociety.org
【問い合わせ先】212-715-1258


ページのトップへ