FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

クセ毛風のカールもふんわり柔らかも思いのまま

AUBE hair New York、資生堂デジタルパーマを導入

AUBE hair New York
2016年10月のオープン以来ニューヨークでも東京と同じクオリティーの技術・サービスともてなしを受けられると評判の「AUBE hair」は、日本全国に110店舗以上のサロンを展開し、シンガポールとハワイにも支店を持つヘアサロン。丁寧なカウンセリングで髪質や状態を見極め、髪型を提案。カットの手数を惜しまず、狙ったポイントを外さないカールテクニックで、理想のスタイルを実現してくれる。

ウエーブをしっかりと形状記憶

AUBE hair New York

同店が特に薦めるのが10年ほど前に登場した技術、資生堂の「デジタルパーマ」。パーマ液だけでなく、機械を使い髪の毛に熱を加える点が従来のパーマ技術と異なる。髪の毛のタンパク質を加熱することで、しっかりとウエーブの形状が記憶されるのが特徴だという。デジタルパーマは、髪を乾かした時にウエーブが再現されるパーマで、ふんわり柔らかも、クセ毛風のカールも思いのままに普段のスタイリングが楽になるのが特徴。一度形状記憶されたウエーブは、大きめのゆる巻きでも、3カ月から半年と長期間もつのもうれしい特徴だ。

AUBE hair New York

従来型のパーマは「コールドパーマ」とも呼ばれる。加熱はせずに、パーマ液のみで髪の毛のタンパク質を固定してウエーブを作り出すもので、髪の毛が濡れている状態の時が一番ウエーブが強く出ている状態。ドライヤーで髪を雑に乾かすと、ウエーブがばらばらになったり、伸びてしまいやすいのが特徴。

デジタルパーマは、カラーなどで髪が傷み過ぎていたり、毛先が大胆にすいてある場合などには向かないので「どちらのパーマを選ぶかはスタイリストに相談しながら決めるのが良い」そう。

AUBE hair New York

シャンプーからカット、カラー、パーマ、スタイリングまでの全てを1人の日本人スタイリストが担当し、髪や頭皮のケア、スタイリングなどの相談にも乗ってくれる「AUBE hair」。春の訪れを前に新しいヘアスタイルに挑戦してみよう。

(写真はいずれも同店提供のヘアスタイルの一例)

■店舗情報
AUBE hair New York

aube

【住所】77 E 10th St(bet 3rd Ave & 4th Ave)
【電話】347-259-1111
【Eメール】info@aube-new-york.com
【ウェブ】aube-new-york.com/
【営業】午前10時〜午後9時(年中無休)

(2017年3月4日号掲載)


ページのトップへ