FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

インタビュー ふなっしー

ニューヨークはすごいなっしー

「ガチ!」BOUT. 201

 

0228-gaci-main_DSC09735

 

日本のリアルクローズイベント「東京ランウェイ」がニューヨークコレクション2015秋冬の公式プログラムとして19日、「TOKYO RUNWAY meets NEW YORK」をリンカーンセンターで行った。このショーのアンバサダーに就任した千葉県船橋市の非公認キャラクターで日本を代表するゆるキャラ“ふなっしー”が現地入りし、参加ブランドのHAN AHN SOONの衣装を着用し、出演モデル、デザイナー、スタッフたちを盛り上げ、海外のセレブリティーとも記念写真を撮るなどその人気ぶりを示した。多忙を極めるふなっしーに時間をとってもらい、お話を伺った。(聞き手・高橋克明)

 

NYのファッションショーのアンバサダー就任

それではインタビュー始めさせていただいてよろしいですか。

ふなっしー オッケーなっしよー! どうぞなっしー!

よろしくお願いします。(笑)

ふなっしー よろしくお願いしますなっしー。

今、ニューヨークコレクションの楽屋にいます。いかがでしょう、この雰囲気。

ふなっしー もうすごい華やかでね、豪華なっしなー。ちょっとね、居場所に困っちゃうなっしー。

あはは。(笑)

ふなっしー  なんかね、さっきね、この辺うろついてたら、係の女の人がね、ブチギレてたなっしなー、出てけ!って、get out here ! って言ってたなっしなー(笑)。怖いなっしー!

(笑)。でも、ニューヨーカーからも大人気ですね!

ふなっしー ほんと! ありがたいなっしー! 感謝なっしー!

今回は何回目のニューヨークなんですか。

ふなっしー それが初めてなっしー! 興奮してるなっしよー。

…(笑い止まらず)

ふなっしー おかしいなっしー?

いえ、スミマセン(笑)。いかがでしょう。この街の印象…。何聞いてんだろ、オレ。(笑)

0228-gaci-IMG_0603ふなっしー いい質問なっしよー! ニューヨーク、すごいなと思う。映画で見たままなっしよー! タイムズスクエアは見にいったけど、まだまだ見てないところいっぱいで、全部回りたいくらいなっしよー!

例えばどちらに行きたいでしょう。

ふなっしー まだねー、ふなっしー、自由の女神見たことないなっしー!

あ! そうなんですね

ふなっしー りばてぃーおぶすすす?

スタチュー・オブ・リバティーですね。

ふなっしー それ見たいなっしなー! あとタイムズスクエアは行ったなっしよー!

あ! いかがでしたか。

ふなっしー すごいなっしなー! マンホールから無駄に湯気が立ってるなっしー!

無駄じゃないです!(笑)

ふなっしー え。あれ、なんで湯気がそんなに出てるの?(素)

地下鉄の蒸気ですね。

ふなっしー ちぃ〜かてつの蒸気かー!! なるほどなっしなー! おしゃれなっしなー!

最後に在米の日本人読者にメッセージをお願いしますなっしー。(←伝染)

ふなっしー こんにちわなっしー! 緊張してるなっしーけど、日本からやってきた船橋のふなっしー、なっしー! 皆さん、よろしくなっしー!

 

★ インタビューの舞台裏 → ameblo.jp/matenrounikki/entry-11993942142.html

 

ふなっしー 職業:梨の妖精
千葉県船橋市在住ご当地キャラ(船橋市非公認)。港町産まれの梨の妖精。落書きがそのまま飛び出したような雑でゆるい顔が特徴。性格は、口は悪く虚言癖があるけど案外素直。両親は普通の梨の木、2000年に1度だけ現れる奇跡の梨の妖精。「特にどこの商業団体や自治体にも属してません!
船橋市とは関係ございませんのであしからず! 自腹で活動です! でも皆を楽しませたい! 存在理由はそれだけです! そして地域貢献がんばります! 東北復興のイベントもがんばります!」(ふなっしー)
公式サイトterawarosu.jimdo.com/公式YouTubeチャンネルwww.youtube.com/user/funassyi公式ツイッターtwitter.com/funassyi

(2015年2月28日号掲載)

 

0228-gaci-DSC0966112日から19日までニューヨークで開催されたニューヨークコレクション2015秋冬の公式プログラムに、日本最大級のリアルクローズイベント「東京ランウェイ」が「TOKYO RUNWAY meets NEW YORK」として参加。19日にリンカーン・センターでショーを開催した。
参加したのは「AULA」「HAN AHN SOON」「DOUBLE STANDARD CLOTHING」「FIG & VIPER」など七つの日本発ブランド。ショーではニューヨークコレクションに集まる世界中のセレブリティー、ファッション・ジャーナリスト、メディア、バイヤーら約1000人に⽇本のリアルクローズを披露。終了後には⼤きな喝采を受けた。
ショーを終えて、出展ブランドの一つ「FIG & VIPER」プロデューサーの植野有砂さんは「終わりました。とてもほっとしています。やりきりました!」と安堵(あんど)の表情。植野さんのインタビュー記事はこちらでご覧になれます。

 

〈インタビュアー〉
高橋克明(たかはし・よしあき)
専門学校講師の職を捨て、27歳単身あてもなくニューヨークへ。ビザとパスポートの違いも分からず、幼少期の「NYでジャーナリスト」の夢だけを胸に渡米。現在はニューヨークをベースに発刊する週刊邦字紙「NEW YORK ビズ」発行人兼インタビュアーとして、過去ハリウッドスター、スポーツ選手、俳優、アイドル、政治家など、400人を超える著名人にインタビュー。人気インタビューコーナー「ガチ!」(nybiz.nyc/gachi)担当。日本最大のメルマガポータルサイト「まぐまぐ!」で「NEW YORK摩天楼便り」絶賛連載中。

 


ページのトップへ