FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

インタビュー モーニング娘。’14

この10人でNYでコンサートをやれたことはみんなの今後の自信につながる(道重)

「ガチ!」BOUT. 183

 

morning

COB5455

4日にベストバイシアターで行われたライブの模様

 

今月5日、ニューヨーク、タイムズスクエアにあるベストバイシアターで初の米国単独公演を行ったアイドルグループ「モーニング娘。’14(ワンフォー)」。立ち位置を目まぐるしく変えながら一糸乱れぬダンスを踊る彼女たちの「フォーメーションダンス」は動画サイトを通して、世界に広まり、海外からの注目も高い。リーダーの道重さゆみさん以外の現メンバーにとって海外での公演は初めてとなった今回のコンサート。その翌日、興奮冷めやらぬメンバー全員に、お話を伺った。 (聞き手・高橋克明)

 

NYライブ大盛況 

昨夜は大盛況でした。現地の日本人だけでなく、アメリカ人のファンも非常に多いのが印象的でした。

生田 日本でのライブでも大きな声援をいただくんですけど、普段、掛け声が起こらないところで掛け声が起きたり、アタシいつもスベっちゃうことが多いんですけど、そういうのも全部フォローしてくださったり(笑)。アタシでもスベらない国があるんだなって思って(笑)。なんか、そこが一番うれしかったです!

(笑)。ニューヨーカーも皆さんのキャラを熟知されてましたね。

一同 そう! そうなんですよー!! あの時も……。
(※ 10人一斉にしゃべり出す)

 ikuta
oda
sato
ishida
kudo
sayashi
michishige
fukumura
iikubo
suzuki

えっと(笑)。日本のライブと全く同じ掛け声もありましたよね。

小田 どこでそれを知ったんだろうって。日本ではコンサート終了後に、「むーすめ最高! パパン、パ、パン、パン」って毎回やってくださるんですけど、それはライブのDVD映像にも入ってないんですよ。ニューヨークでもやってくださって、どうやって知ったのかすごく気になりました。

佐藤 例えば「One・Two・Three」の、「あーいーしーてーるー♪」って箇所もみんな一緒に歌ってくださって、それは日本ではなかった初めてのことなので、すごくうれしかったですね。

石田 アタシはモーニング娘。に「ダンスが得意です」って言って加入したんですけど、公演後の握手会で、「ダンス、スゴく良かったよー」とか「ダンスがアメージングだったよ」って言ってくださる方もいて、「あ。知ってくれてるんだ」ってうれしくなりました。英語は苦手だけど、ダンスは言葉がいらないから、伝わったんだなって。

工藤 あの、握手会つながりなんですけど、アタシは12期メンバーが加入してきた時、12期みんなが可愛くて、それに負けないように「ビジュアル担当頑張ります!」って勝手に宣言したんですよ。そしたら、握手会の時にアメリカの方に「ビジュアル。ガンバッテ」って日本語で言っていただいて。

ビジュアル、ガンバッテ。(笑)

工藤 そう! それを言ったのは、ほんの5日前とかなんですけど、すごい情報早いなーって。「毎日ブログ見てます」って言っていただけたので、「あー。それでだー」ってすごくうれしくなったんですね。なので、アタシも本当の本当に英語が苦手で、英語が苦手なところをつかれてドッキリを仕掛けられるくらい苦手だったんですけど、やっぱり少しずつでも興味を持って、ブログも書ける範囲で英語で頑張ってみようかなと思いました。

鞘師 とにかく日本の応援の仕方を、忠実に調べて、勉強して来てくださったと思うんですね。アメリカの方が名前を呼ぶ時って、普通、下の名前で呼ぶと思うんです。でも、そこも忠実に「SA YA SHI !」コールで(笑)。ニューヨークの方たちに「鞘師」って苗字で呼ばれると、渋いなーっみたいな(笑)。すごいウケました。(笑)

道重さんにとっては2回目の北米でのライブですね。

道重 でも、ニューヨークは初めてだったので、新鮮でした。もう声援もすごく熱かったし、ホントに温かい方たちだなって。アンコールで「さゆみん」コールもしてくださったし、ピンクのサイリウムも皆さん持っていてくださったし、本当に愛のある方たちだなって。すでに、こんなにもニューヨークの方にモーニング娘。って愛されてるんだなぁって実感して、感動しました。

譜久村 アタシは今回のニューヨーク公演に向けて、英語をちょびっと、勉強してきたんですけど、披露した時に、伝わるかなってすごく心配だったんですね。でも、すごく盛り上がってくださって。あとは、日本語でしゃべった言葉に対しても、しっかりと、反応してくださったので、「たくさん日本語勉強してくださってるんだな」って感激しました。

舞台上の皆さんの英語の自己紹介は非常にお上手でした。かなり練習も、

一同 (一斉に)しましたー!

小田 アタシはノート取ってました。ノートを新しく買って。

飯窪 自己紹介の時に、アタシは漫画が好きなので、オタクですっていうようなことを言ったんですけど、握手会でも、「僕たちもオタクだよー」みたいな、オタク夫婦みたいなカップルも来て(笑)。やりとりがすごく楽しかったです、オタク仲間がいっぱいって思って。(笑)

生田 アタシはスパイダーマンがすごい好きなんですけど、スパイダーマンの格好をしていたファンの方がいて、すごいな! って思って。握手会では「スパイダーマン好きなんだよね?」って言ってくださって。「一緒だね」って。そうやって共有し合えるものがたくさんあったのが、うれしいなって。

ステージ上から、客席にいっぱいいたコスチューム姿のファンも確認できましたか。

一同 (口々に) シッカリ! 見えてます。 見えましたー。 見えます、見えます。
 (※ 一斉にしゃべり出すー。ちょっとの間。放置される)

やはり、ニューヨーク公演やられてよかったですね。

一同 はい! 良かったです! 最高でした!

鈴木 普段から、海外の方に応援してるねって言葉をたくさんいただくんですけど、アタシたちが直接返せることが、今までなかったので、恩返しができるっていう意味ですごく楽しみにしてたんですね。今回、直接「ありがとう」を伝えることができただけでも良かったです。

飯窪 今、ちょうど秋ツアー中で、日本武道館での公演のリハーサルもあったり、今回のニューヨーク(公演)のリハーサルもあったりで。セットリストも全然違うので、そういう意味では頭が混乱しながらも、確認しつつ頑張りました。

石田 でも、リハーサルは大変でしたけど、オフに10人集まって、たこ焼きパーティーをしたんですよ! そんな忙しい中でも。今までのモーニング娘。の歴史の中でお休みの日にメンバー全員が集まるなんてなかったと思うから、このメンバーだからできたパーティーだったなって思うし。忙しくて、大変ではあったんですけど、お休みの日を、みんなで集まるってことに使うっていう、こう気持ちが今回のニューヨークでもう団結力を見せられたんじゃないかなって思います。

皆さん、ホントは仲いいんですね。

一同 ホントは。(笑)

ホント“に”(笑)。仲いいんですね。

一同 仲良しです。(笑)

飯窪 家族みたいです。

生田 実際に家族よりもいる時間が長いので。

譜久村 全然長いよねー。

小田 もうほぼ毎日のように一緒にいるにもかかわらず、オフの日に、みんなで集まるくらいです。

本当は行きたくなかったなって方、手を挙げていただけますか。

一同 (笑)

工藤 実は(笑)。(挙手)

鈴木 みんな楽しみにして、買い出しからみんなで一緒に行って。

小田 スーパーに。(笑)

石田 10人がスーパーにいるんですよ。(笑)

一同 楽しかったねー。

一同 楽しかったねー。

道重さんは11月に卒業が決定されていますが、最後にニューヨークのステージに立てたことは良い思い出になりましたね。

道重 もちろんです。ここ最近は“ラスト”のことが増えてきて、ラストのシングルがもうすぐ発売されたりとか、それに伴ってラストのMV(ミュージック・ビデオ)撮影とか、ラストのジャケットの撮影とか。なので、実感もすごく湧いてきている中で、こうして卒業する前に、今のこの10人で、ニューヨークでコンサートできたっていうのが、すごくうれしいなって思って。この10人でやり遂げたってことがみんなの自信にもつながったと思うので、11月26日まで一生懸命頑張りたいなって思いました。

リーダーが抜けることは非常に大きなことだと思うのですが、皆さんの今のお気持ちはいかがでしょう。

生田 そうですね、道重さんのラストである秋ツアーが始まっていて、11月26日、横浜アリーナで終わってしまうんですけど、(同時に)9期メンバーにとっては、“後輩”最後のツアーでもあるので、そこはちゃんと道重さんを見て、今まで教えていただいたことを、ちゃんと、次に後輩たちに教えられるように頑張りたいなっていうふうに思います。

譜久村 今回は、やっぱり道重さんと一緒にニューヨークに来れたってことが一番うれしかったですね。でも、道重さんが卒業したあとのモーニング娘。でも、海外公演はしたいなって思っているので、12期メンバーが加入した後の、13人でシッカリ、カタチを作って、また海外でコンサートができるように頑張りたいなと思います。

皆さんにとって初めてのニューヨーク。この街の印象を聞かせてください。

石田 来る前は、ネオンがまぶしくってキラキラしてて、すごい派手な街っていうイメージがあったんですけど、ここ(滞在しているホテル)とか、すごい落ち着いてて、いい雰囲気の場所もあるんだなぁって。でも、昨日コンサートさせていただいた場所は、本当にアタシが想像してたネオンがまぶしい、看板とかもピカピカな場所で、一つのニューヨークっていう街なのに、たくさんの景色があるっていうか。

譜久村 あと、(渡米前に)着ていく服を決めてる時に、もしアタシたちが「ニューヨークシティ」って書いてあるシャツを着てたら、おかしいのかな? 笑われちゃうのかな? って思って持って来るのやめたんですけど、売店に普通に「ニューヨークシティ」って書いてある洋服がたくさん売ってて、で、現地の方も全然着てたから、あっ 持ってくれば良かったなって、ちょっと後悔しました。(笑)

日本の方がイメージするニューヨーカーより、実際はダッサイですよね。

一同 (笑)

鞘師 そんなことないですよ!(笑)

いや、普通に野球のユニフォームで歩いてたり。上下スーツに野球帽被って、スニーカー履いてたりとか。

飯窪 確かに陽気な人はいっぱいいますねー。

道重 いや、でも街並みはめちゃくちゃおしゃれ。映画の世界みたいでした。

工藤 映画で見たことあるー、みたいな。

鈴木 確かにめちゃキレーイ。

生田 (いきなり)アタシ、実はスパイダーマンがすごい大好きなんですよ。

はい、聞きました。(笑)

生田 あ。言いました?(笑)

ステージ上の自己紹介の時も含めると、3回。(笑)

生田 (無視して)なので、「あ。ここスパイダーマンが飛んでたところだー」「あのキスシーンがあったところだー」って夢の中みたいでした。憧れていた街に今いられること自体がうれしいなって。

道重 あと、ごはんがおいしい!

一同 うん、おいしーい!!

……………おいしいですか…?

佐藤 はい! 食べたい物がいっぱいありすぎて。

鈴木 エッグベネティクト食べたい!

道重 ニューヨークチーズケーキが本当においしかったです!

………すぐ飽きると思われますけど。

一同 えーーー!!??

生田 すっごいおいしかったですよおー。

道重 毎日でも食べたいくらい! ね?

鞘師 うん。濃厚!

譜久村 ちょーおいしかった♡

……食べ物に関しては日本の方が100倍おいしいと思います。

一同 えーーー!!!???

飯窪 だって、日本に比べたら全然…。

(さえぎって)いや、そこだけは譲れないです。

一同 (笑)(なぜか拍手)

飯窪 こっちも譲れないです。(笑)

一同 がんばれ春菜、がんばれ春菜!

道重 絶対、おいしかったです!

最初だけだと思います。

道重 いつ食べてもおいしいと思える味でした!(ムキになって)

石田 お土産に持って帰りたいって言ってたもんね

チーズケーキを? (笑)

一同 (笑)

道重 馬鹿にしてる。(笑)

佐藤 おもしろすぎる。(笑)

鈴木 あと、クロナッツ食べたーい。

え? 皆さん、日本でいいもの食べてないんですか。

一同 (笑)

飯窪 日本にも売ってますけど。

工藤 日本にもありますけど(笑)。現地のが食べたいなっていうのはありますね。

あ、雰囲気も込み込みで。

一同 (笑)

道重 味が違うじゃないですか。(笑)

譜久村 絶対! ニューヨークはおいしいと思います!

……………………(無言)

一同 (笑)

分かりました。確実に皆さんが間違えていますが、僕の方が大人なので、引いておきます。

一同 (笑)(なぜか拍手)

石田 普段、ご飯はどうされてるんですか?

日本食ももちろん食べますけど、異常に高かったり、おいしくない所もあったり。だから東京出張が楽しみで、楽しみで。(笑)

一同 (笑)

一同 おもしろーい。

(前のめりで床に倒れる鈴木香音を指差して)ものっすごくウケてる(笑)。あと他にはニューヨークの印象はありますか。

鞘師 エッグベネディクト!

(かぶせるように)食べ物の話はもういいと思います。

一同 (笑)

譜久村 大きなクリスマスツリーが見たいので、冬にまた来たいなと思いました。

小田 あのスケート場のところ!

ロックフェラーセンターですね。今回はほとんど自由時間はなかったとか。

一同 そうですねー

道重 ないけど、自由の女神はみんなで見に行きました。

石田 あとブルーマンも見にいきました

飯窪 ブルックリン橋にも!

あ。結構行ってますね(笑)代表してリーダーの道重さんはその中で一番どこが印象に残りましたか。

道重 怒んないですか? あの……ニューヨークチーズケーキがおいしかったカフェ。

………(無表情で無言)

一同 (笑)

小田 無視してるー。(笑)

生田 おもしろーい、めっちゃおもしろーい。

それでは最後に、皆さんから読者にメッセージをいただけますでしょうか。

飯窪 ブログによく、ニューヨークに住んでる留学中の方とかからもコメントをいただくので、ぜひこの新聞でもアタシたちの記事を見て、後は動画とかブログとか見ていただいて、テンションを上げてもらって、日本に帰ってくるのを、楽しみにしてもらいたいなって思います。

生田 日本で活動してるので、ニューヨークの新聞に載ることもあまりないので、この機会に、ニューヨークにいる方にも、もっと近くに感じてもらえたらうれしいなって思います。

工藤 アタシはいとこが、こっちに留学してたことがあったり、普段から映画が好きで、「ここ見たことある」っていう感じだったり、勝手に親近感が湧いてた街なので、もっともっとニューヨークについて勉強していきたいなって思いました。実際にアメリカの方とも会話したいので、今後は英語も頑張りたいと思います。

石田 昨日のコンサートに、今、留学して ニューヨークに住んでるんだっていう方もたくさん来てくださって。その時に、アタシたちは日本で頑張るので、皆さんはニューヨークで頑張ってもらって、そうやってお互い頑張ろうねって励まし合えたのがすごくうれしかったんです。アタシたちも頑張るので、皆さんも頑張ってください。

鞘師 エンターテインメントのレベルの高いといわれている、ニューヨークでアタシたちのコンサートがすごい盛り上がったことって、本当にすごいことだなって思うので、それは今後、自分たちの自信にもつながると思います。もっともっと、パワーアップして、また戻ってきたいと思います。

譜久村 やっぱり母国が恋しくなる時があると思うんですけど、そういう時はモーニング娘。の動画だったりブログを見て、こう元気を出してもらって、頑張ってほしいなって思います。

小田 今ネット社会で、日本にいなくても、モーニング娘。を見ることができると思ので、ぜひ、これからも「かっこいいモーニング娘。」を見ていただいて、またニューヨークに来た時に、会いに来てくださいって思います。

佐藤 アタシも、今まだ学校いってて、勉強しているので、一緒に頑張りたいなって思います。

鈴木 今回のニューヨーク公演は、1回だけだったんですけど、普段会えない分、もっと感謝の気持ちを伝えたいし、もっとアタシたちの歌やダンス、笑顔だったりを見てもらいたいので、今度ニューヨークに来る機会があったら、1公演とは限らずに、何回でも公演したいです!

道重 アタシは11月26日にモーニング娘。を卒業するんですけど、それまで悔いないように、一日一日を過ごしたいなって思ってます。そのなかでニューヨークでコンサートできたことも、すごくうれしかったですし、アタシが卒業した後は12期メンバーも入って、13人のモーニング娘。が、また新しいモーニング娘。として頑張っていくので、その後のモーニング娘。も応援よろしくお願いします。

最後に、皆さん、ニューヨークにはまた来ていただけますか。

一同 もちろんでっす!

モーニング娘。’14(もーにんぐむすめ わんふぉー) 職業:歌手
1997年結成。翌年、シングル「モーニングコーヒー」で念願のメジャーデビュー。3rdシングル「抱いてHOLD ON ME!」で初のオリコンシングルチャート1位を獲得。「第40回輝く!日本レコード大賞」最優秀新人賞を獲得し、「第49回NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たす。結成以降、メンバーの加入と卒業を繰り返しながら進化を続け、99年9月に発売した7thシングル「LOVEマシーン」で初のミリオンセールスを記録、その後も多くのヒット曲を連発。上海・台湾・韓国などでのコンサート開催や、2009年にロサンゼルス、翌年にフランス、そして結成15周年を迎えた12年、台北、バンコク、ソウル、パリの4カ所にて握手会を実施するなど、活動の場を世界にも広げる。現在、道重さゆみをリーダーとする10人で活動。今年1月1日よりアーティスト名を「モーニング娘。’14」(もーにんぐむすめ わんふぉー)に改名。13年にリリースした52ndシングルから5作品連続でオリコンシングルチャート首位を獲得中。さらにはシングル首位獲得作品数が通算16作目となり、グループとしての連続首位獲得記録も更新中。
公式サイト:www.helloproject.com/morningmusume

 

〈インタビュアー〉
高橋克明(たかはし・よしあき)
専門学校講師の職を捨て、27歳単身あてもなくニューヨークへ。ビザとパスポートの違いも分からず、幼少期の「NYでジャーナリスト」の夢だけを胸に渡米。現在はニューヨークをベースに発刊する週刊邦字紙「NEW YORK ビズ」発行人兼インタビュアーとして、過去ハリウッドスター、スポーツ選手、俳優、アイドル、政治家など、400人を超える著名人にインタビュー。人気インタビューコーナー「ガチ!」(nybiz.nyc/gachi)担当。日本最大のメルマガポータルサイト「まぐまぐ!」で「NEW YORK摩天楼便り」絶賛連載中。

 

(2014年10月18日号掲載)


ページのトップへ