FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

インタビュー 是枝裕和

カンヌで名前を呼ばれた時は、映画少年に戻りました

「ガチ!」BOUT.163

 

ニューヨーク・フィルムフェスティバル(撮影:高橋)

ニューヨーク・フィルムフェスティバル(撮影:高橋)

 

昨年、カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞、スティーブン・スピルバーグ監督のドリームワークスによるリメークも決定している福山雅治主演の話題映画「そして父になる(LIKE FATHER, LIKE SON」が17日から全米公開された。昨年9月下旬にニューヨーク・フィルムフェスティバルで招待上映された際、同地を訪れた是枝裕和監督にお話を伺った。(聞き手・高橋克明)

 

「そして父になる」米国で公開

昨夜のニューヨークプレミアはニューヨーカーからのスタンディング・オベーションで幕を閉じました。一夜たって、今の率直なお気持ちを聞かせてください。

是枝 どこ(の国)よりも上映中ずっと笑い声が起きていたので、僕にとっては最初から最後まで非常にうれしい時間が続いていましたね。終わった後の拍手もとても心に響きました。本当にありがとうございましたって感じです。

日本での公開に比べて、観客の反応に違いがあるとは思うのですが、監督の中ではその状況をどう消化されていらっしゃいますか。

是枝 日本で笑いが起きないところで爆笑されたりするのは外国(の映画祭)ではよくあることなので、気になるというより勉強になります。どういうところが(心に)届いて、どのポイントが理解されにくいかっていうことも含めて、今後の参考になるかな、と。昨日も一日(現地メディアの)取材を受けてたんですけど、どういうキャラクターが分かりやすいのか、分かりにくいのか(彼らと話して)すごく興味深かったですね。

今回は主演の福山さんから出演希望のお話があって実現した作品。監督からご覧になった福山雅治はどういった俳優さんでしょうか。

是枝 非っ常〜にコミュニケート能力の高い役者さんですね。バッテリーでいうと、ピッチャーではなく、キャッ チャーというか。お会いする前はピッチャー型、自分の投げたいフォームで投げたい球を投げるタイプかなって思ってたんですけど、逆に子役陣や女優陣から出てくるお芝居をシッカリ受け止めて投げ返すという、受け身型だったので、今回の役には非常に適していたというような気はしますね。

監督の作品は以前から子役があまりに自然で、全く演技しているように見えません。あの子役たちが監督のスタイルを象徴しているように見えます。

是枝 そうですね。この10年、(映画)「誰も知らない」からそういうやり方で撮ってきているので、今回もそのやり方を踏襲して、というか発展させてやったつもりです。またそのうち変わるかもしれませんが。(笑)

あれだけ自然にカメラに収めるには、いわゆる「よーい、カット」の掛け声を掛ける演出ではないですよね。

是枝 なるべく「よーい、カット」は掛けないです。気付いたら(カメラが)回ってるっていう状況の中で、なるべ く日常の中で撮ってしまうってことなので、台詞も宿題のように出して覚えてこいっていうんじゃなくて、現場で僕が「こんなふうに言ってごらん」「この間の あれをやってごらん」ってサジェスチョンをしながらススメていくんですね。なので、子供たちはあんまりお芝居をしているっていう感覚はないと思います。

Ⓒ2013「そして父になる」製作委員会

そしてカンヌ(国際映画祭)審査員受賞。日本人監督としては26年ぶりの快挙ということですが。

是枝 ありがとうございます。あのー、何をもらったのか分からずに授賞式の会場に呼ばれてたんですけど(笑)。 そういうセレモニーの場所にいられるということ自体が非常に光栄なことだったんですけど、やっぱりあの会場でプレゼンテーターが作品名と自分の名前を呼ん でくれた瞬間は感極まりましたね。映画少年に戻ったような、そんな気分でした。

前評判としても本命扱いされていましたので、監督としても自信があったのでは。

是枝 いやいやいや(笑)。そんなことないですよ。ただ公式上映の後からすごくいい評判をいただいて、たくさん の国で公開も決まってたし、僕がカンヌにいる間にリメークのオファーとかも来てたので、自分が思ってるよりも早い展開で動いてるなっていう感じはありまし たね。ただ、受賞に関しては審査員の判断は別なので、そこは全然ね、はい。

ハリウッドでのリメーク権をあのドリームワークスが買い取ったということなのですが、スピルバーグ監督には、もうお会いになられましたか。

是枝 先日、LAでドリームスワークスの事務所で会ってきました。お会いした瞬間に「映画を見たのは4カ月も前 だけど、自分の中ではまだ高いレベルで感動がそのまま落ちずに残っている」と言ってくださって。それに映画のディテールを非常に細かいところまで覚えてく れてたんですね。リリー・フランキーさん(演じる男)が福山さんをたたくシーンがあるんですけれども、あのたたき方はどういう演出をしたんだっていうよう なところまで質問を受けました。

あのスピルバーグから。

是枝 はい。本当にすごく気に入ってくださったんだなって、あらためてそこで実感しましたね。
Like_Father_Like_Son_Posterハリウッドでのリメーク版。主演の福山さんの役を監督としては誰に演じてもらいたいでしょう。

是枝 えー、実は昨日、晩ご飯を食べながら、うちのスタッフとこちらの配給をやってくれるスタッフたちと、誰が いいか誰は嫌か、勝手な話を散々してまして(笑)。ブラッド・ピットやら、トム・クルーズやら、本当にいろいろな名前が出てきましたけど、今はそういう有名な名前を出して想像を広げてるのが楽しいなって感じですね。

ブラッド・ピットとトム・クルーズ、どちらがいいですか。(笑)

是枝 いやいや、そこまではまだ(笑)。これからアメリカ社会に合った形でリライト(脚本書き直し)されるでしょうから。お任せした方がいいかな、と。

観客にはどこを観てほしい、何を感じてほしいでしょうか。

是枝 そうですね。それは、もう観ていただいた方たちのモノですから、ここっていうのは僕にはなかなか言えない です。ただ、今回は福山さんとタッグを組んでゼロから作り上げた作品なので、今までに観たことがない福山雅治を見られるよっていうのは、大きなセールスポ イントになるかなとは思いますね。

最後に、監督にとってのニューヨークという街の印象を聞かせてください。
是枝 実は今朝、セントラルパークに行って来たんですけれども、本当に気持ちがよくて。昨日も昼間ちょっと時間ができたので、一人で2時間くらいずーっと散歩をしてたんですよ。芝生に寝っころがって、やっぱりニューヨークはここが一番だなぁって気持ちが上がりましたね。

お好きな街ですか。

是枝 (映画の)キャンペーン以外で来ることがないものですから、語れるほど知らないんですけれども、過ごしやすい街だなっていうふうには思っています。

是枝裕和(これえだ ひろかず)職業:映画監督
1962年、東京生まれ。早稲田大学卒業後、テレビマンユニオンに参加。主なテレビ作品にATP賞優秀賞を受賞した「もう一つの教育〜伊那小学校春組の記 録〜」(1991年/CX)、放送文化基金賞を受賞した「記憶が失われた時…」(96年/NHK)など。95年、初監督した映画「幻の光」が第52回ベネ チア国際映画祭でオゼッラ賞を受賞。その後も「ワンダフルライフ」(98年)や「誰も知らない」(2004年)、「歩いても 歩いても」(08年)など、 話題作を次々に発表。そして09年、「空気人形」がカンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に出品され、絶賛される。

●「そして父なる」上映情報●
英題「LIKE FATHER, LIKE SON」
17日から北米で順次公開され、24日からはロサンゼルスで公開する。病院で互いの子供を取り違えられた2組の夫婦の姿を通して、家族の絆を描いた物語。
【ニューヨークの上映劇場】
◎Lincoln Plaza Cinema(www.lincolnplazacinema.com)
1886 Broadway(bet 62nd & 63rd St)
◎IFC Center (www.ifccenter.com)
323 6th Ave(bet W 3rd & 4th St)
Ⓒ2013「そして父になる」製作委員会

 

〈インタビュアー〉
高橋克明(たかはし・よしあき)
専門学校講師の職を捨て、27歳単身あてもなくニューヨークへ。ビザとパスポートの違いも分からず、幼少期の「NYでジャーナリスト」の夢だけを胸に渡米。現在はニューヨークをベースに発刊する週刊邦字紙「NEW YORK ビズ」発行人兼インタビュアーとして、過去ハリウッドスター、スポーツ選手、俳優、アイドル、政治家など、400人を超える著名人にインタビュー。人気インタビューコーナー「ガチ!」(nybiz.nyc/gachi)担当。日本最大のメルマガポータルサイト「まぐまぐ!」で「NEW YORK摩天楼便り」絶賛連載中。

 

(2014年1月25日号掲載)


ページのトップへ