FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

インタビュー 中越典子

粋で大胆にいけたらいいな

「ガチ!」BOUT.102

 

「リンカーンセンター・フェスティバル」でニューヨーク公演を行った宮本亜門さん演出の舞台「金閣寺」(7月21日~24日)。その全ての場面で異なる役を印象的に演じた中越典子さん。舞台前日、気持ちを伺った。(聞き手・高橋克明)

 

舞台「金閣寺」NYで上演  

NY公演が決定した時の気持ちを聞かせてください。

中越  何よりも自分が演じる仕事をしてきて、まさか海外で舞台に立てるとは思ってもみなかったので本当に光栄です。特に着物姿で演じる役なので、「(NYに)行けるか もしれない」という話を最初に聞いた時から、絶対!実現したいって。それからは亜門さんに会うたび「行けるんですか? どうなんですか?」ってずっと聞いてました ね。(笑)

プレッシャーも感じられますか。

中越  日本で上演した作品をそのまま上演するので特にプレッシャーはないですね。今までどおり自由に演じられたらいいなって。アメリカに来たからって無理に日 本っぽくとか意識しないようにしています。私の演じる女性たちはいかにもな(古風な)日本女性というより、傷つけられながらもさまざまなことを乗り越えて 一人で強く生きていく女性なので、演技にしても所作にしてもあまり縛られず、粋で大胆にいけたらいいなと。ここで思いっきりお芝居をして、また日本に戻っ てさらにいい作品になるのではないかと、期待しています。

先日インタビューさせていただいた(今回の演出の宮本)亜門さんが中越さんの演技を絶賛されてました。

中越 亜門さんは褒めて伸ばすというタイプの方なので(笑)。実際はまだまだダメだしされています。森田さんにしても高岡さんにしても今回久しぶりのお稽古でも、役柄に深みがさらに増していて。私はなんとかついて行くだけで精一杯です。

今回の作品は終始、男性目線で語られていきます。女性として、とても難しい役柄だったのではないでしょうか。

中越  女性陣はみんな苦労してると思います。短い出番の中で女性としての色気とか華を出すのってすごく難しいんですよ。限られた時間の中で、日本女性の魅力だっ たり、汚れっぷりだったり、男性に傷つけられておもちゃにされている姿だったり…。でもそれは同時にすごく濃密な内容なので男性たちの苦悩や葛藤の中で逆 に印象付けられるのではないかなって思っています。

その男性陣についてですが、共演されてどういった印象をお持ちになられましたか。

中越  森田さんはすごくシャイな方であまり女性陣とは話してくれないんですよ(笑)。とにかくすごく(役に)入り込まれる方で、真面目です。そう見えないところ がまたいいんでしょうけど。高岡さんにしても大東さんにしても彼らのお芝居に対する姿勢は、刺激にもなるし勉強させられますね。でもほんっっと彼らは仲良 し3人組って感じで、いつも出歩いてるみたいです。(笑)

あの3人、到着してすぐにセントラルパークに行ってキックボードしてるくらいですから(笑)。亜門さんの演出についてはいかがですか。

中越  亜門さんは、疲れないんですよ、エネルギッシュでパワフルで。普段はとても陽気でオープンな方なんですが、ことお芝居に関してはすごく繊細でミステリアス な部分を感じますね。でも演出に関しては細かく身振り手振りを使って指導してくださる方です。亜門さんの作品はセリフが外に向いてなくても情熱を感じるこ とができて、機会があればまたご一緒させていただきたい方ですね。

最後にニューヨークの印象を聞かせてください。

中越  とてもごく普通のことを言ってしまいますが、映画の中の世界みたい。あ、この景色観たことある!って(笑)。ブロードウェイの活気や、街中なのにあれだ けの緑があるセントラルパークや、どこも歩いているだけでも楽しいし、すてきです!でも、どうかな、舞台やって(お客さまが)無反応だったら嫌になるかも(笑)。そ うならないようにがんばります。

中越典子(なかごし のりこ)

職業:女優

1979年12月31日生まれ。佐賀県出身。専門学校在学中にモデルデビュー。リポーターや女優として活躍し2003年、NHK朝の連続テレビ小説「ここ ろ」のヒロインを演じて一躍、脚光を浴びた。ドラマや映画、舞台、CMなどで幅広く活躍している。公式サイ ト:www.cubeinc.co.jp/nakagoshi

 

〈インタビュアー〉
高橋克明(たかはし・よしあき)
専門学校講師の職を捨て、27歳単身あてもなくニューヨークへ。ビザとパスポートの違いも分からず、幼少期の「NYでジャーナリスト」の夢だけを胸に渡米。現在はニューヨークをベースに発刊する週刊邦字紙「NEW YORK ビズ」発行人兼インタビュアーとして、過去ハリウッドスター、スポーツ選手、俳優、アイドル、政治家など、400人を超える著名人にインタビュー。人気インタビューコーナー「ガチ!」(nybiz.nyc/gachi)担当。日本最大のメルマガポータルサイト「まぐまぐ!」で「NEW YORK摩天楼便り」絶賛連載中。

 

(2011年8月6日号掲載)


ページのトップへ