FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

NYの日系ホテルが恒例の豆まき

ザ・キタノ・ホテル、来客の無病息災願い

0213-04men-1

エンパイア・ステート・ビルを背景に、無病息災と幸福を祈って同ホテルのルーフトップで豆をまくザック・ザラン総支配人(右から2人目)らとスタッフ=3日、ニューヨーク(撮影:中川)

ニューヨークの日系ホテル、ザ・キタノ・ホテル(66 Park Ave @ 38th St)で3日、日本の節句、節分にちなんで豆まきが行われた。

ザック・ザラン総支配人らホテルスタッフの「福は内! 鬼は外!」という掛け声とともにメーンロビーで始まった豆まきは、正面エントランスやコンシェルジュデスク、さらにはクロークなどホテル各所を回りながら、最後は最上階バンケットでエンパイア・ステート・ビルディングを背景に行われた。

まかれた豆は、同ホテルのスタッフが丹念にいり、当日朝に神棚に上げ祈念したもの。

ザ・キタノ・ホテルでは1996年から毎年2月3日、スタッフと同ホテルを訪れる人々の無病息災と幸福を願って豆まきが行われている。

ザ・キタノ・ホテル

ホテルの“玄関”でも「福は内! 鬼は外!」

ザラン総支配人は「お客さまの期待以上のサービスを実現できる、力のあるスタッフがそろっている。チーム一丸となって、訪れる皆さまに笑顔と幸せな気持ちを提供できるホテルでありたい」と語った。

 


ページのトップへ