FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

フジコ・ヘミングさんの「ラ・カンパネラ」に大きな拍手

CUNYでコンサート

 

フジコ・ヘミング
国際的に活躍するピアニスト、フジコ・ヘミングさん=写真=の「ピアノソロ・コンサート2016」が4日、ニューヨーク市立大学(CUNY)バルーク校内ホールで行われた。

シューマン「謝肉祭」をはじめ、リストの「春の宵S.568 〜原曲/シューマン歌曲Op.39 | 12〜」や、ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」を演奏。フジコさんの十八番(おはこ)、リストの「ラ・カンパネラ」が演奏されると、会場からはひときわ大きな拍手が送られた。

現在、2月7日の東京公演から、米大陸を回るワールドツアー中で、同地でのコンサート前の1日には、日本国連加盟60周年記念文化事業講演に招かれ、演奏した。

また、日本のビルボードジャパン、クラシックアルバム部門で、2010年10月1日付チャート以来、約5年4カ月ぶりアルバム「奇蹟のカンパネラ」(1999年)が10位に再チャートインし、再び注目されている。


ページのトップへ