FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

Japan Day、今年も5万5000人の大盛況

@セントラルパーク、節目の10回目に会場拡大

熊本地震義援金、1.8万ドル超に

ニューヨークのセントラルパークで8日、「Japan Day @セントラルパーク2016」が開催された。同イベントは日米市民の交流を目的にニューヨークの日本総領事館と日系企業が官民一体で主催するイベントで、節目の10回目を迎えた今年は会場をこれまでのBundshellエリアに加え、隣接のRumsey Playfieldに拡大。雨天での開始となったが、午後からは快晴となり、昨年同様の5万5000人が来場した。また当日募った熊本地震への義援金は1万80000ドル強となった。

0514-06men-STAGE

ステージプログラムの会場には多くのニューヨーカーが詰め掛けた=5月8日、ニューヨーク(撮影:野村)

今年も日本の文化をニューヨーカーに紹介するため、ニューヨークの日系社会が集結し伝統文化から現在の日本までさまざまな“Japan”が披露された。

0514-06men-MARATHON

「ジャパン・ラン」のゴールに立つ(左から)Japan Day Inc. Presidentの紺野江里佳氏(日立アメリカ社長)夫妻と髙橋礼一郎在ニューヨーク総領事・大使夫妻=同(撮影:野村)

「ジャパン・ラン」表彰式の模様=同(撮影:野村)

「ジャパン・ラン」表彰式の模様=同(撮影:野村)

MARATHON3

「ジャパン・ラン」表彰式の模様=同(撮影:野村)

4マイルレースとキッズランの「ジャパン・ラン」と、ステージパフォーマンスやアクティビティーやフードテントからなる「ジャパンデイ・フェスティバル」の2部構成で行われ、午前8時からの「ジャパン・ラン」では雨天の中、約4103人がゴールした。男子は19分27秒でAbebe Sihine Mekuria さん(エチオピア)が、女子は24分48秒でCollen McGurkさん(ニューヨーク州)が優勝した。

 

ステージを終えた(左から)折原美樹、大江千里ら=同(撮影:岩城)

ステージを終えた(左から)折原美樹、大江千里ら=同(撮影:岩城)

 

熱唱する矢野顕子=同(撮影:岩城)

熱唱する矢野顕子=同(撮影:岩城)

「ジャパンデー・フェスティバル」では、毎年長い行列ができるギョーザやラーメン、お好み焼き、焼きそばなどのフードテント、日本の文化を体験できる折り紙や歌舞伎の隈(くま)取り、ハローキティやどーもくんとの記念撮影ができるなどのアクティビティーテントに加え、今年は新しく五つの「テクノロジーテント」が登場した。新幹線の運転士体験、超電導リニアモーターカーの模型や卓上電子顕微鏡の展示のほか、日本で活躍中のロボット・ペッパーやペットロボット・パロなどが、来場者と交流した。

 

BentOn

ニューヨークを拠点に弁当・ケータリング事業を展開する「BentOn」は、フードテントで焼きそばを振る舞った=同(提供写真)

 

0514-06men-PEPPAR

「テクノロジーテント」の一つ、ペッパーと“対面”する子供=同(撮影:野村)

このほか、日本やニューヨークで活躍するパフォーマーが集まるメーンステージでは、昨年に続きKTTV Los Angels及びFOX 11 Newsのテレビニュースレポーターのサンドラ・エンドウさんの司会の下、僧太鼓(和太鼓)、玉城流扇寿会(沖縄民舞)、田中太山(書画)、国際空手道連盟極真会館(空手演武)、小池良介(マジック/コメディー)、Japanese Folk Dance Institute of NY(盆踊り)、杉浦誠司(書道)、桂三輝(落語)、OMOTENASHI Journey/N-Project(ミュージカル)、Brown Rice Family(ワールドルーツミュージック)、鼓舞(和太鼓&ヒップホップ)、折原美樹(ダンス)、大江千里(ジャズ)、矢野顕子(ピアノ&ボーカル)と14項演目が披露され、集まったニューヨーカーたちを大いに沸かせ、盛況のうちに幕を閉じた。

国際空手道連盟極真会館の空手演武=同(撮影:高橋)

国際空手道連盟極真会館の空手演武=同(撮影:野村)

 

国際空手道連盟極真会館の空手演武=同(撮影:高橋)

国際空手道連盟極真会館の空手演武=同(撮影:野村)

 

浴衣が試着できるブースも=同(撮影:高橋)

浴衣が試着できるブースも=同(撮影:高橋)

 

書画のパフォーマンスを披露する田中太山

書画のパフォーマンスを披露する田中太山=同(撮影:野村)

 

0514-06men-RIO

小池良介のマジックとコメディーでは日本人だけでなく、米国人らからも大きな笑い声が起こった=同(撮影:野村)

 

「テクノロジーテント」の一つ、ペットロボット・パロに触れる来場者

「テクノロジーテント」の一つ、ペットロボット・パロに触れる来場者=同(撮影:野村)

 

ハローキティと写真を撮る子供たち=同(撮影:高橋)

ハローキティと写真を撮る子供たち=同(撮影:高橋)

 

北米伊藤園からはペットボトルの茶が提供された=同(撮影:高橋)

北米伊藤園からはペットボトルの茶が提供された=同(撮影:野村)

 

アクティビティーテントの一つで習字に挑戦する女性=同(撮影:高橋)

アクティビティーテントの一つで習字に挑戦する女性=同(撮影:高橋)

 

(2016年5月14日号掲載)


ページのトップへ