FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

夏におススメの本格インドカレー

ヘルズ・キッチンのインド料理店、India Kitchen

世界各国のレストランが数多く点在するニューヨーク。そんな中、ニューヨーカーにもインド人にも人気で話題のインド料理店がヘルズ・キッチンにある。「India Kitchen(インディア・キッチン)」だ。

カレー4種(左から「ラム・ローガン・フォッシュ」、「スピナッチチキン」(14ドル)、「チキン・ビンダルー」、「パニール マカニ」(14ドル))とライスと「チーズ&スピナッチナン」

カレー4種(左から「ラム・ローガン・フォッシュ」、「スピナッチチキン」(14ドル)、「チキン・ビンダルー」、「パニール マカニ」(14ドル))とライスと「チーズ&スピナッチナン」

大手一流ホテルで長年の経験を積んだオーナーや有名レストラン出身のメーンシェフといったそうそうたるメンバーで経営されている同店は、昨年12月のオープン以来、着実にリピーターを増やしている。

唐辛子が丸々1本トッピングされた「Chicken Vindaloo(チキン・ビンダルー)」(14ドル)はシェフが夏にオススメしたい一品。スパイスの効いたルーの口いっぱいに広がる辛さはクセになる。一切れ一切れがしっかりした食べ応えのチキンにも辛味が染み込んでいる。同店オリジナルの「Cheese & Spinach Naan(チーズ&スピナッチナン)」(5ドル)やポテトが挟まれて柔らかい食感の「Aloo Pratha(アルー・ポラダ)」(5ドル)と一緒に食べれば、あっという間に完食してしまう。

「バダミ・チキン」

「バダミ・チキン」

「ラッシー」

「ラッシー」

低カロリーで高タンパクというダイエットにお薦めのラム肉を使ったカレーも人気。「Lamb Rogan Fosh(ラム・ローガン・フォッシュ)」(16ドル)は、ラム肉独特の臭みは全くなく、具もたくさん入っておりボリューム満点の一品。パクチーが入っているので後味もさっぱりしている。

「Badami Chicken(バダミ・チキン)」(16ドル)は新鮮なトマト、玉ネギなどと一緒にジュージーなチキンが盛られている。カレーの風味が中までしみ込んだチキンは後を引くおいしさだ。

ほかにもアペタイザーからデザートまで幅広いメニューが並ぶ。

インド料理の名物の飲み物「ラッシー」と一緒に本格的なインドカレーでこの夏を乗り切りたい。

◎情報
India Kitchen
【住所】493 9th Ave(bet 37th & 38th St)
【電話】212-244-6342
【営業時間】月―日 午前11時30分〜午後10時30分
【ウェブ】www.indiakitchenny.com

(2016年8月13日号掲載)


ページのトップへ