FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

「ツイてる日記」を1カ月書いてみよう

強運を科学する 最終回

セミナーの模様

セミナーの模様

いよいよこの連載も今回で終わります。皆さんは運について少しはご理解いただけたでしょうか。世の中には運について、多くの本やセミナーなどがありますから、ご興味のある方はさらに学ばれることをおすすめ致します。

前回は強運な人は「感謝の人」というお話をさせていただきました。感謝をすればするほど運は強くなるということです。それでも「はい」「分かりました」「今日から感謝をします」と言っても感謝出来るものではありません。そこで私が実践し、恩に気づき、感謝溢れたノウハウを一つご紹介して連載を終わらせていただきます。

それは「ツイてる日記」と言います。この「ツイてる日記」とは今日あった「ツイてた」ということをノートに毎日日記のように書くのです。普通の日記をつけている人はいると思いますが、その日あったことをただ書くような日記では人生変わりません。しかしこの「ツイてる日記」は効果絶大です。

ただし、書くのは「今日上司に褒められた」とか「旦那に服を買ってもらった」という類のものではなく、「雨風しのげた」「生きている」「キレイな水が飲めた」「温かい湯船に浸かれた」「太陽の下を堂々と歩けた」「食欲があった」「安眠できた」「家族全員が無事だった」という世間の人たちが「当たり前」と勘違いをしている「ツイていたこと」を3分以内で毎日寝る前に書いてみてほしいのです。この書く内容は毎日同じでも結構です。そして1カ月で良いのです。今あげたようなことが「当たり前ではない」と気づくと人生は大きく変わり、「運」は「勢い」を増していきます。

最後に…「運こそすべて」。

千葉修司(チアリードエンジェル 代表 千葉修司)

【執筆者】ちば・しゅうじ チアリードエンジェル(株)代表取締役。30歳から経営を始め、「実力より…運をつけろ」という本の一節と出合い、強運となるノウハウは口コミで広がりメルマガ会員が現在、約1万7000人超える。著書「言葉相」は発売後わずか3カ月で2万部突破。

【ウェブ】www.cheerlead-angel.co.jp/

 

●過去のコラムはこちらから●


ページのトップへ