FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

ニューヨーカーのリアルアウター事情Vo.1

ニューヨーカー流ダウンコート着こなし術

駆け出しエディター、愛の「ニューヨーク”リアル”ファッション通信」(1)

fashionbiz1

 

今年もあっという間にサンクスギビングが終わり、街は一気にクリスマスムード全開に 🙄

2016年も残すところあと1カ月。

今年1年間張ったご褒美に、年末から年始にかけてニューヨーク旅行を計画中の人も多いのでは?

 

「ファッションビズ!」記念すべき第一回目は、意外と知らない「ニューヨーカーの”リアル”なアウター事情」を大特集。

有名ファッション誌やテレビで取り上げる、ファッションランウェイやモデルスナップとはひと味違った、実際に街を歩いている”リアル”なニューヨーカー達のアウターの着こなしは必見。

 

Vo.1ダウンコート

fashionbiz2

日本のファッションシーンでは最近あまり取り上げられていないダウンコート。

でも、実はこの時期ニューヨークで見かけるウィンターコートは、間違いなくダウンコートなの 😯

中でも人気はフードが付いているデザインのもの。

fashionbiz3

「フードなんてただの飾りでしょ?」

なんて声が聞こえてきそうだけど、フードを侮ることなかれ。

ニューヨーカーにはフードは必須!この時期風が強く吹き荒れるニューヨークでは、フードは心強い味方なの。

こーやってフードを耳まですっぽり被って、風を凌げば、1着で防寒対策もバッチリ。

 

愛用者続出!「CANADA GOOSE (カナダ・グース)」

goose

今まさにダウンコート愛用者の間でじわじわ人気沸騰中なブランドが、1957年にカナダ北東部の都市トロントにある小さなガーメントファクトリーで生まれたブランド「カナダグース」。

biz-canada

「メイド・イン・カナダ」にこだわり続ける彼らが作るアウターに、ラブコールが続出中。メンズだけでなくウィメンズもラインナップされているから、カップルでお揃いで着られるのも人気のポイント♡

 

人と差を付けたいなら、カラーファーで勝負

color-fur

街中で一際目を引くのが、ボリュームたっぷり、艶やかに染色されたカラーファー。どうしてもブラックやグレー、ブラウンにカーキと落ち着いた色を選びがちな冬だけど、冬こそパキッとカラーを合わせて、コーディネート全体にパンチを効かせて。

 

ボリューム満点のファーが特徴

foood

たっぷりとしたボリューム満点のファーをあしらった、フード付きデザインが人気の様子。

顔周りにボリュームを持たせることで、小顔効果も狙いつつ、防寒対策にもなるなんて。

さすがニューヨーカー”お洒落は賢くスマートに !!

 

Vo.2ではハンサムに着こなすロングコートスタイルにクローズアップ!

 


 

【プロフィール】

日置愛(ひおきあい)

ニューヨークビズ!新米駆け出しライター。週末の寂しさを埋める為、ファッションストリートスナップサイトをひそかに運営中。www.framenewyork.com

ファッションビズ!に関するご意見、ご質問は hioki@weeklybiz.us までお気軽にどうぞ♡

 


ページのトップへ