FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

医療/コラム

2017.10.06

セルフリーDNA検査は羊水検査の代替にはなりえない

セルフリーDNA検査は羊水検査の代替にはなりえない

出生前診断24 ~妊娠第1期:ファースト・トリメスター 簡易な検査で精密な結果が得られる時代に突入した(5)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第59回 前回から、染色体異常を精密にスクリーニ […]


2017.09.02

99%であれば出生前診断の代替できる

99%であれば出生前診断の代替できる

出生前診断23 ~妊娠第1期:ファースト・トリメスター 簡易な検査で精密な結果が得られる時代に突入した(4)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第58回 今回からは、染色体異常を精密にスクリー […]


2017.08.07

血液検査で出生前検査できるのは誤解

血液検査で出生前検査できるのは誤解

出生前診断22 ~妊娠第1期:ファースト・トリメスター 簡易な検査で精密な結果が得られる時代に突入した(3)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第57回 今回も、染色体異常を精密にスクリーニン […]


2017.07.03

本当に従来の出生前診断の代替になるのか?

本当に従来の出生前診断の代替になるのか?

出生前診断21 ~妊娠第1期:ファースト・トリメスター 簡易な検査で精密な結果が得られる時代に突入した(2)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第56回 今回からは、染色体異常を精密にスクリー […]


2017.06.04

新しい簡易な方法は血液検査で行える

新しい簡易な方法は血液検査で行える

出生前診断20 ~妊娠第1期:ファースト・トリメスター 簡易な検査で精密な結果が得られる時代に突入した(1)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第55回 前回まではスクリーニング検査で染色体異 […]


2017.05.07

絨毛検査は1~2週間で結果判明、確実性は98%

絨毛検査は1~2週間で結果判明、確実性は98%

出生前診断19 ~ 妊娠第1期:ファースト・トリメスタースクリーニング検査から更なる精密検査である出生前診断へ(4)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第54回 前回(4月1日号掲載)からスク […]


2017.04.03

早期に実施でき、発見できる遺伝子疾患も多い絨毛検査

早期に実施でき、発見できる遺伝子疾患も多い絨毛検査

出生前診断18 ~ 妊娠第1期:ファースト・トリメスタースクリーニング検査から更なる精密検査である出生前診断へ(3)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第53回 遺伝子異常に関わる1000以上 […]


2017.03.05

待たれるワクチンの開発

待たれるワクチンの開発

出生前診断17 ~緊急レポート; ジカウイルス感染症の脅威(5)~ジカウイルスの予防と現状(2)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第52回 細心の注意を払い、情報収集することが必須 2016 […]


2017.02.06

予防には発生している場所に行かない、コンドームや防虫剤を使用

予防には発生している場所に行かない、コンドームや防虫剤を使用

出生前診断16 ~緊急レポート; ジカウイルス感染症の脅威(4)~ジカウイルスの予防と現状(1)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第51回 基本的なことが推奨 昨年11月5日号掲載分から、急 […]


2017.01.14

診察のみでは感染したかどうか判別することが難しい

診察のみでは感染したかどうか判別することが難しい

出生前診断15 ~緊急レポート; ジカウイルス感染症の脅威(3)~ジカウイルスの症状と診断~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第50回 病院に行くほどの症状ではないため認識しないことも 前々回 […]


2016.12.03

ジカウイルスについて現在分かっていること

ジカウイルスについて現在分かっていること

出生前診断14 ~緊急レポート; ジカウイルス感染症の脅威(2)~ジカウイルスの感染~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第49回 媒体の蚊には一日中注意/新生児の小頭症/成人のギラン・バレー症 […]


2016.11.04

ジカウイルスとは何か

ジカウイルスとは何か

出生前診断13 ~緊急レポート; ジカウイルス感染症の脅威(1)~ジカウイルスの発生~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第48回 妊婦、もしくは妊娠しようとしている女性が、どのように対応してい […]


2016.10.01

検査自体も必ずしも完璧でない

検査自体も必ずしも完璧でない

出生前診断12 ~妊娠第1期:ファースト・トリメスター スクリーニング検査から更なる精密検査である出生前診断へ(2)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第47回 異常であるという結果が出ても慎 […]


2016.09.02

スクリーニングの信憑性についてどう考えるか

スクリーニングの信憑性についてどう考えるか

出生前診断11~ファースト・トリメスター スクリーニング検査から更なる精密検査である出生前診断へ(1)〜 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第46回 検査で標準値外の数値が出ても染色体異常を決定 […]


2016.08.10

多くの米国人がダウンシンドロームの患者を理解しようと努力

多くの米国人がダウンシンドロームの患者を理解しようと努力

出生前診断10~妊娠第1期:ファースト・トリメスターの検査の意義とダウンシンドローム(4)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第45回 米社会は変化し、ダウンシンドローム患者にも変化 過去3回 […]


2016.07.02

ダウンシンドロームの赤ちゃんの8割は35歳位以下から出生

ダウンシンドロームの赤ちゃんの8割は35歳位以下から出生

出生前診断9~妊娠第1期:ファースト・トリメスターの検査の意義とダウンシンドローム(3)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第44回 妊娠中の環境や活動の影響であるかどうかは実証されていない […]


2016.06.05

ダウンシンドロームは3種類に分類される

ダウンシンドロームは3種類に分類される

出生前診断8~妊娠第1期:ファースト・トリメスターの検査の意義とダウンシンドローム(2)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第43回 どの種類でも追加の21番染色体が特有の症状をもたらす &n […]


2016.05.07

遺伝子疾患が確定したらどう向きあっていくか

遺伝子疾患が確定したらどう向きあっていくか

出生前診断7~妊娠第1期:ファースト・トリメスターの検査の意義とダウンシンドローム(1)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第42回 遺伝子疾患があっても子供の将来のために準備できる時間を得ら […]


2016.03.31

妊娠早期にダウン症候群などの疑いを知ることができる

妊娠早期にダウン症候群などの疑いを知ることができる

出生前診断6 ~妊娠第1期:ファースト・トリメスターの検査(2)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第41回 妊娠期の早い時期に先天性疾患群の可能性を知ることができる   前回(3月 […]


2016.03.05

妊娠第1期の出生前診断は任意の簡易な検査

妊娠第1期の出生前診断は任意の簡易な検査

出生前診断5 ~妊娠第1期:ファースト・トリメスターの検査(1)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第40回 血液検査と超音波検査が組み合わされた任意の簡易な検査   今回からは出生 […]


2016.02.04

遺伝性疾患家系、感染症、流産経験…妊婦には不安がいっぱい

遺伝性疾患家系、感染症、流産経験…妊婦には不安がいっぱい

出生前診断4 ~出生前診断:誰が受けるべきか?(4)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第39回 生殖の世界で語られる女性にとっての大台は“35”(3) 前回(1月16日号掲載)は、米国では2 […]


2016.01.18

おなかにいる赤ちゃんは健康だろうか

おなかにいる赤ちゃんは健康だろうか

出生前診断3 ~出生前診断:誰が受けるべきか?(3)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第38回 生殖の世界で語られる女性にとっての大台は“35”(2) 前回(12月5日号掲載)から、妊娠年齢 […]


2015.12.03

妊娠したい女性にとっての大台は“35”

妊娠したい女性にとっての大台は“35”

出生前診断2~出生前診断:誰が受けるべきか?(2)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第37回 前回(11月7日号掲載)から、妊娠後、母親のおなかにいる赤ちゃんの染色体が正常であるかどうかを調 […]


2015.11.09

出生前診断、米国などでは全妊娠対象に実施

出生前診断、米国などでは全妊娠対象に実施

出生前診断1~出生前診断:誰が受けるべきか?(1)~ 「米国最先端臨床現場から」海外治療コンサルティングリポート 第36回 前月(10月3日号掲載)まで、2年半以上に亘って着床前診断について詳しく説明してきました。着床前 […]


ページのトップへ