FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

NY―東京間53分、実現なるか

マッハ10の旅客機「Skreemr」が夢を現実に

Skreemr

image by Ray Mattison

 

インダストリアル・デザイナーのチャールズ・ボンバルディア氏とレイ・マティソン氏がハイブリッド超音速旅客機「Skreemr」=イメージ図、Imaginactiveのサイトから=という夢の旅客機をデザインした。

ニューヨーク―東京間を53分で移動するという夢を実現してくれるかもしれない、このコンセプト機「Skreemr」は空陸両用でまったく新しいタイプの乗り物で、マッハ10のスピードで飛行する。この速度は、コンコルドの6倍だという。

日本の新幹線とエックスコア・エアロスペース社が開発したロケットプレーン型宇宙船「リンクス」からアイデアを得て考案されたトレインクラフトのようなもの。75人乗りの「Skreemr」は、すぐにも飛ばすことはできないとボンバルディア氏は話す。それは、通常の旅客機よりはるかに高い高度で飛行するため、変化する大気の状態や地形など、さまざまな条件を考慮に入れた上で圧力、熱、構造的ストレスから機体を守り操縦するかが困難なため。夢の実現には相当な費用がかかることは間違いないという。

ただ、「私たちが生きている間に完成形を見られないかもしれないが、いつかきっと完成するだろう」とボンバルディア氏は熱く語っている。


ページのトップへ