FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

NY育英学園学園長 岡本徹氏が新年おめでとう

新年明けましておめでとうございます

s41094ca115503_5-copy

本学園は当地NY、NJ地区に於いて37年間幼児部小学部を中心に、地域に根ざした学園運営をして参りました。全日制の幼小一貫校としては東海岸唯一の教育機関となっています。日本の文科省が定める幼稚園教育要領及び小学校学習指導要領に準拠した教育を日本語にて行っています。一方、国際的視野を広め、地域との交流を深めるため、英語教育も重視して参りました。週10時間の英語「NY育英クロスメソッド」を活用して、日本から来た子ども達にも生きた英語が浸透しています。去る9月の「国連平和デー」記念式典には、本学園の児童も参加。「コインでつなぐ平和の鐘」の出版記念会では、全日制部門の小学生が英語での朗読のあと、滑らかにスピーチをしました。バイリンガル教育の成果が出てきています。

学園には全日制以外にもサタデースクール(幼小中高)・サンデースクールやアフタースクール、そしてりんごラーニングセンター、フレンズアカデミーの各種プログラムがあります。休みの間もサマーキャンプ、スキーキャンプと、楽しい活動が盛り沢山です。不安を抱え日本から来る子ども達。何年か経ち日本へ帰る子ども達。当地に生まれ当地で育つ子ども達。一人ひとりの性格は様々で、家庭の教育方針も様々です。どの子にとっても環境や学習言語が変わる時には、精神的に安定したソフトランディングが必要です。幼小とも来米後、帰国前にはNY育英の各部門を多くの方々に利用して頂きたいと思います。子ども達が日本人としての誇りを大切に、日米の文化を充分に吸収し、世の中の為になる人材として育つ事を夢見て、新年を迎えたいと思います。

(2017年1月1日号掲載)


ページのトップへ