FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

NYでも日食見えた

ニューヨーカーも興奮

米本土で21日、太陽と地球の間を横切る月によって太陽が完全に隠れる皆既日食(Solar eclipse)が38年ぶりに見られた。西海岸から東海岸まで横断する全国的な日食は1918年以来、約1世紀ぶりとあって、全米挙げての盛り上がりを見せた。

ニューヨークの空で見られた日食(撮影:三浦)

ニューヨークの空で見られた日食(撮影:三浦)

皆既日食はオレゴンからサウスカロライナまで14州の幅約113キロの地域を西から東に通過。ニューヨークでは、午後1時23分ごろ右上から欠け始めた太陽が、1時間余りで月に隠れ、2時44分には辺りは薄暗くなった。

観測眼鏡越しに空を見上げる家族(撮影:瀬戸)

観測眼鏡越しに空を見上げる家族(撮影:瀬戸)

昼休み時間が過ぎたにもかかわらず、1世紀ぶりの天体ショーを目見ようと、仕事を中断して、ビルの外から空を見上げる興奮気味のニューヨーカーの姿が多く見られた。

自作の観測眼鏡で空を見上げる人々(撮影:烏谷)

自作の観測眼鏡で空を見上げる人々(撮影:烏谷)

米本土で次に皆既日食が見られるのは、2024年4月8日となる。
(写真はいずれも21日)

日食を一目見ようとブライアントパーク前に集まったニューヨーカーら(撮影:荒木)

日食を一目見ようとブライアントパーク前に集まったニューヨーカーら(撮影:荒木)

(2017年8月26日号掲載)


ページのトップへ