FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

市内55のホステルが余儀なく閉鎖

ユースホステルの合法化に向け法案整備か

bunkbed

一部のニューヨーク市議が、ユースホステルの合法化に向けて動いていることが分かった。

2010年、ニューヨーク州議会が「違法ホテルに関する法律」を制定、これにより住居として作られた部屋をホテル営業に使用することが一斉に禁じられた。このためニューヨーク市の55のホステルが土地の使用用途違反、または危険営業とみなされ、閉鎖を余儀なくされた。

民主党広報担当者のポール・レナード氏は「この予想できなかった状況に対応すべく、ホステルが合理的な方法で営業できるよう対応を進めている」と述べた。市長のスポークスマンは現在、公式見解を述べられる時期ではないとしている。

ホステルは通常、ホテルよりも安価に宿泊場所を観光客に提供しており、通常一部屋あたりの価格ではなく「ベッド一つあたりの価格」で宿泊料を支払うシステム。ドミトリーのように2段ベッドなどを使用する施設も多い。ニューヨークにおけるホステルの平均的な料金は、冬季は40〜50ドル、夏季は70ドルほど。(2015年12月5日号掲載)


ページのトップへ