FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

おにぎり写真で給食2万5000食分を寄付

TABLE FOR TWO 「100万人のいただきます」キャンペーン

 

おにぎり『いただきます!』ソーシャルアクション日本発、世界の食料問題の解決に取り組むNPO法人「TABLE FOR TWO USA(TFT)」はことし10月から11月までの1カ月間、「おにぎり『いただきます!』ソーシャルアクション」を実施。

「おにぎり『いただきます!』ソーシャルアクション」

特設サイトにおにぎり写真を投稿すると、参加者に代わり協賛企業が寄付し、1枚につき給食5食分をアフリカおよび米国内の子供たちへ贈るという活動を実施したところ、写真の投稿枚数が5488枚(協賛上限の給食2万5000食分を寄付)となった。

世界食料デー記念し、日本発の活動

この働きは、国連が定めた10月16日「世界食料デー」(世界中の人が食べ物や食料問題について考える日)を記念し、TFTが実施。
日本発のTFTの活動は世界14カ国に広がっており、このソーシャルアクションは日本・米国を中心に、さまざまな国からおにぎり写真が投稿された。

活動を動画サイトとSNSで後押し

11月16日に公開された、おにぎり写真投稿を呼び掛ける1分間の動画はわずか数日で1万回以上視聴され(ユーチューブとフェイスブック動画の合計)た。
こうしたインターネット交流サイト(SNS)などを通じ多くが参加し、目標5000枚突破を後押しした。


ページのトップへ