FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

「トイザらス」タイムズスクエア店 12月30日で閉店

家賃相場の高騰が原因

TOYS"R"US TIMES SQUARE

マンハッタン、タイムズスクエアにある「トイザらス」旗艦店が12月30日で閉店することが分かった。これは同地区の家賃相場の高騰が原因で、現在の相場は 1階2500ドル(1平方フィート)、2階350ドル、地下150ドルとなっている。

同店は、等身大ティラノサウルスの恐竜や、60フィート(約18メートル)の屋内観覧車=写真(公式サイトから)、4000平方フィートのバービー人形ハウスなどで知られている。

当店は2000年に開店した当初、約半額に家賃を設定。さらに近年の業績不振も影響し、2014年の最後の9週間に、既存店売上高が約3%下落していた。業績不振は子供たちの電子機器の発達による玩具離れや、Eコマースの主流化が起因となっている。

これを受け、今回、16年以降の契約更新を行わないことを決めた。同店はタイムズスクエア店の代わりとなる旗艦店の移設先を現在マンハッタン内で検討している。また、今後、11万平方フィートにも及んだ同敷地はいくつかのテナントに分けられ貸し出される見込みだ。

(2016年1月1日号掲載)


ページのトップへ