FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

バレンタインデーの週末に記録的な大寒波

100年前の2月14日を上回る寒さ

valentaine

バレンタインデーの週末、ニューヨークは記録的な大寒波に見舞われた。
13日には、氷の彫刻の実演制作や音楽演奏などが披露される年に一度の恒例行事「セントラルパーク・アイス・フェスティバル」の開催が予定されていたが、寒波と強風の影響でニューヨーク市当局が中止を発表する事態となった。

14日にはセントラルパークでの観測値が華氏0度(マイナス17度)を1994年以来、初めて下回り、100年前(1916年)の2月14日に記録した上回る寒さとなった。
ニューヨークのビル・デブラシオ市長は「特に子供や高齢者にとっては厳しい寒さとなるため、寒さ対策を十分に取るように」と述べ「なるべく屋内で過ごすように」と推奨するメッセージを発表した。

市では路上生活者が屋外にとどまらずシェルターなどに避難できるよう対策を取るなど、対応に追われた。

なお、セントラルパーク・アイス・フェイスティバルは順延されず、このまま中止となった。


ページのトップへ