FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

NYの地下鉄ネット環境は良好!

Wi-Fi使用可能な76の地下鉄駅で実施

wifi_nyc_subway

ニューヨーク市内地下鉄の無料Wi-Fi(ワイファイ)接続状況について4月6日、市の検査官による監査報告書が公式サイトで発表された。
報告によれば、地下鉄プラットフォームにおける無料Wi-Fiの状況は良好で、ビデオゲームのビデオなどが問題なく視聴できたという。

スコット・ストリンガー検査官がまとめた監査報告書によると、Wi-Fiアクセス調査は、アクセスポイントの76の駅プラットフォームで実施され、利用者が車内にいても問題なく利用できたと報告している。

調査対象は、クイーンズ区とマンハッタン区のWi-Fiサービスを提供している駅で、グランドセントラル駅、ルーズベルト・アベニュー駅などを含む。
実験では、扱うデータ量があえて重めのアプリをノート型パソコンや、スマーフォンで使用。報告では実施した全ての実験で、テキスト送受信、音楽ストリーミングアプリ「スポティファイ(Spotify)」の使用、フェイスブックの使用が可能だったという。

監査報告書では、同サービスをさらに37の地下鉄駅に今年内に拡張するよう要望しており、ニューヨーク州都市交通局(MTA)ではこれに同意している。

下記サイトから、各線ごとのWi-Fiサービスが使える駅をチェックできる。
www.transitwirelesswifi.com/en/available-stations

wifi-mta


ページのトップへ