FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

ペプシコーラのネオンサイン、歴史的建造物指定!

28年越しにようやく

ペプシコーラのネオンサイン

クイーンズ区ロングアイランドシティ、イーストリバー(East River)沿いに設置され、名物となっているペプシ・コーラ(Pepsi-Cola)のネオンサイン。ニューヨーク市歴史建造物保存委員会(LPC:Landmarks Preservation Commission)による最終候補に選ばれ、行方が注目されていたが、4月12日付で認定を受けた。

幅約147フィート(約45メートル)の同サインは、ニューヨーク・タイムズ紙によると、これまでも28年にわたって検討対象に選ばれてきたが、歴史の浅さなどを理由に認定されずにきたという。同サインは1936年にクイーンズ地区にあったペプシ瓶詰め工場の上に設置され、90年代にはウオーターフロント地区数カ所を移転、2013年に現在の場所に移った。

このサインを「伝統的・歴史的だとは言えない」とする意見があることに対し、LPCは「人の好みも言葉の定義も、時代と共に変わりゆくもの。ニューヨークも同じように変わっていくということです」と声明の中で述べた。

ほか9名所も同時に認定

他に市内の九つの名所が歴史的建造物の指定を受けた。

■認定された建造物(Landmarks)
(1)The Pepsi-Cola sign(Queens, Long Island City)
(2)William H. Schofield farmhouse(Bronx, City Island)
(3)Fort Hamilton Parkway entrance to the Green-Wood Cemetery(Brooklyn)
(4)Green-Wood Cemetery Chapel
(5)Van Sicklen House(Brooklyn, Gravesend)
(6)St. Michael’s Episcopal Church(Manhattan, Upper West Side)
(7)57 Sullivan Street(Manhattan, Greenwich Village)
(8)Ahles House(Queens, Bayside)
(9)Vanderbilt Mausoleum on Todt Hill(Staten Island, New Dorp)


ページのトップへ