FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

「キャッツ」がブロードウェイに戻ってきた!

ロッタリーはオンラインで可能に

作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーが手掛けたミュージカルの名作「キャッツ(Cats)」のリバイバル版の本公演が、ニール・サイモン劇場(250 W 52th St)で7月31日、スタートした。

キャッツ(Cats)

ブロードウェイのシアターを運営する二つの大きな団体「シューベルト・オーガニゼーション」「ネーデルランダー・オーガニゼーション」が手掛けるもので、先月14日からプレビュー公演をスタートしていた。

リバイバル版では、英国の人気ポップ歌手レオナ・ルイス(Leona Lewis)が劇中の重要な、リザベラ・グラマラス・キャット役演じ、同作の代表曲ともいれる「メモリー(Memory)」を歌う。

ルイスは世界中で約2000万枚のアルバムセールスを記録した歌手で、世界35カ国でチャート1位になった経験を持つ。グラミー賞のノミネートは3回、BRITアワードには7回ノミネートされているほか、MTV、EMAs、ビルボードなどの賞にノミネートされており、ことしもアダム・ランバートとの「ガール・クラッシュ」での共演でCMTアワードにノミネートされている。

同作の初演は1982年、同じくロイド・ウェバーが手掛けた作品「スクール・オブ・ロック・ミュージカル」が上演中のウィンター・ガーデン劇場だった。18年にわたるロングランで7485公演を実施後、惜しまれつつクローズしていた。

ニール・サイモン劇場

 

なお、ブロードウェイの劇場では恒例となっている「限定数のチケットを通常よりも安価に購入できる」ロッタリー席(抽選席)の販売対象を本公演ではオンラインで選出することが主催者から発表されている。

このサイトで、夜公演が実施される日は朝10時から午後3時まで、マチネ公演と夜公演の両方がある日は、マチネ公演の座席を朝8時半から11時まで、夜公演の座席を正午から午後3時まで販売。チケットは40ドルで、2枚まで申し込み可能。当選者には、販売受け付け終了後、数分でEメール通知が届くので、説明に従って60分以内にオンライン(クレジットカード)で支払いを完了する必要がある。チケットの受け取りは写真付き身分証明書を持参の上、開演の30分前までにニール・サイモン・シアターのボックスオフィスまで。ロッタリー席の発売枚数は随時変更される。

(2016年8月6日号掲載)


ページのトップへ