FB Tweet はてぶ RSS
ニューヨークのイマを知る情報サイト

「グランド・バザール・NYC」、11日オープン

独自のマーケットがアッパーウエストに登場

アンティークから芸術品まで…キュレーターも配置

Grand Bazaar NYC

アッパーウエストサイドに11日、ニューヨーク最大規模のマーケットが登場する。

「グランド・バザール・NYC(Grand Bazaar NYC)」と名付けられたこのマーケットは、コロンバス・アベニュー沿い、76丁目と77丁目の間の毎週日曜日、季節を問わず朝10時から夕方5時半まで登場する。

広さは4万3000平方フィート、屋内・屋外両方の店舗が用意され、アンティークを扱う店から、芸術家による小売店、職人が作品を提供する店舗、フードから各種サービスまで「独自のキュレーターを置き、起業家も参加することで、他に類を見ない店舗セレクションとなっており、市民と観光客の両方が楽しめるマーケットとなる」と公式ページで発表している。

同マーケットは周辺コミュニティー支援の目的で運営されており、得られた利益は4000以上の学校と子供たちに芸術プログラム、本や消耗品、教育スタッフの派遣やスポーツ・チェスなどのプログラムなどを提供するために利用される。また、芸術家、デザイナー、職人と起業家をつなぎ、スモール・ビジネスを支援し、育てていくことも目的に据えている。

オープン日は出店者や同マーケットを支援する起業家などでにぎわう見込みで、以降もさまざまな催し物が予定されている。

同地は以前、学校用品を購入するための保護者による小さなフリーマーケットだった。オープンした1982年から30年の時を経て「グランド・バザールNYC」はより規模を拡張して、コミュニティーや教育への貢献を目的に据えた新たなマーケットとして誕生することになった。

▪情報
Grand Bazaar NYC
【住所】100 W 77th St.(at Columbus Ave)
【営業時間】毎週日曜、午前10時〜午後5時半
【ウェブ】www.grandbazaarnyc.org
【facebook】goo.gl/Fue2Vy


ページのトップへ