〈Biz 100人委員会〉コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人 GOHAN Society会長 川野作織(7)

0

思考のリハーサル
そのとおりにやれば大丈夫

ふと思いついたアイデアを考えて、考えて、考え抜いていくことを、私は「思考のリハーサル」と呼んでいます。それを繰り返していると、そのうちまるで「本番」が来たように感じる瞬間が来ます。まだ実現していないのに、まるで実現後のようなすっきりした納得感があり、「それが実現している様子」の映像や図がはっきりと鮮明に見えるようになるのです。

30代くらいの時にそういう感覚がはじめてやって来て「ああこれだな、考え続けるっていうのは、リハーサルなのだな」と分かりました。まだ行動していないのに、実際に行動する折には、もう迷いがありません。頭の中で何度もリハーサルを繰り返して、慣れているし見ているので、怖さもなく、そのとおりにやれば大丈夫。私は30代でとても苦労したので、その頃は悩んで、悩んで、徹底的に考え抜いていました。この訓練が良かったのですね、どんなときでも、思考のリハーサルをすれば、失敗が少なくなると知りました。失敗やネガティブ要素も先に考えて計算してあるので、致命的なミスにはならないのです。失敗を想定していないと、頭が真っ白になって何も考えられなくなります。パニックしないためも、思考のリハーサルは役立ちます。

ゴールが見えるけれども、現実の自分とゴールの間にクリアになっていないもの(まだはっきり見えないもの)があるときは、映像が見えるレベルまでまでひとつひとつ障害物について考え抜くのがおすすめです。どんな障害があるのかな? 障害は人なのか資金なのか、両方なのか、それとも自分の時間が足りなくて間に合わないのか? いつ頃になれば障害がクリアできるかな。3年後かな? 5年後かな? まだ漠然としているアイデアは時々余裕があるときに「お楽しみ」として引っ張り出して考えるようにしています。次にやりたいことが残っているのは楽しいものです。

(続く)

kawano

かわの・さおり 1982年に和包丁や食器などのキッチンウエアを取り扱う光琳を設立。2006年米国レストラン関連業界に貢献することを目的に五絆(ゴハン)財団を設立。07年3月国連でNation To Nation NetworkのLeadership Awardを受賞。米国に住む日本人を代表する事業家として活躍の場を広げている。

(2017年10月7日号掲載)

●コラムまとめ●


●Biz 100人委員会
Biz100人委員会とは、本紙を通じて米国の日本人コミュニティーを支援していただくための会です。支援の形として、広告という概念とは別に、会員制の下、本紙を支えていただくとともに、紙面を読者への貢献の場として利用いただいています。
「NEW YORK ビズ!」は「週刊 Business News」に始まり、おかげさまで41周年を迎えました。アメリカン・ドリームを胸に、大きな希望をもって米国に渡ってきた人々へ、幅広い情報を提供することで「異国の大和魂」を応援してまいりました。提供する情報から大きなビジネスの飛躍をした方も少なからずおられ、われわれの喜びとなり日々の活力となっております。
しかし、日々激しく変わる時代において、この充実感を共有できる方々がいること、また今よりもっと読者の応援につながる方法があることに気づきました。ビジネスと人生の成功者であり大先輩である方々に支援・参加いただくことこそ、読者へのより強力な応援と弊紙のさらなる存続につながるのです。米国のチャリティー精神を理解していただく皆さまにこそ、この機会に目を向けていただきければ幸いです。
【問い合わせ】[email protected]

〈入会のメリット〉
●社会貢献できる
ご自身の経験やご意見を語っていただくことは、米国の日本人コミュニティーを応援することにつながり ます。ご経験を広く共有して頂ければ幸いです。

●ご自身の声や活動がオフィシャルとなる
執筆頂いた原稿は弊社編集部が確認・校正を入れた上で掲載するため、信頼性のあるメディアに「公」に 出した実績となります。

●今までにない人脈を作ることができる
カテゴリーも年齢もステイタスも違う委員会の同志の人たちとつながることができます。

●ニューヨーク・ビズの紙面づくりに参加できる
100人会のページでは、一方通行の情報配信だけでない、会員の皆さまの意見を反映させた会員が作る紙面となります。ご自分の意見が反映された媒体を持ってはいかがでしょうか。

Share.