ことし3月19日、アパホテルプライド〈国会議事堂前〉開業

0

「アパホテル」最上級プライドシリーズ

日本全国に514ホテル8万5573室(2019年5月13日現在。建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開するアパホテル株式会社(本社:東京都港区赤坂3丁目2─3元谷芙美子社長)は、ことし3月19日(火)、アパホテル最上級プライドシリーズ第1弾、アパホテルプライド〈国会議事堂前〉(全室禁煙、500室、大浴場・露天風呂完備)を開業した。(写真はいずれも「アパホテルプライド〈国会議事堂前〉」)

全室禁煙の500室のほか、ホテル最上階17階には大浴場・露天風呂「玄要の湯」(準天然光明石温泉=人工温泉)を設置し、ホテル1階ではレストラン「とれたて魚と野菜の小料理 KIGI(キギ)」を営業する。最上階には国会議事堂や都心の夜景を一望できる展望テラスも設けている。

黒鏡面塗装やレザー張りの内装、大型TV全室導入も

ホテルの外装には世界初の断熱システム「全面断熱一体工法APA ECO UNIT SYSTEM」を採用、風格を重んじた全面御影石張りとした。

最上級グレードにふさわしく、家具に高級感のある黒鏡面塗装やレザー張りを施し、照明付きガラス棚やデスクとベッドの間のデザインカーテン、オリジナルシャンデリアを設置するなど細部にもこだわっている。

また、全室50型以上の大型4K液晶テレビを設置したほか、ITシステム「アパデジタルインフォメーションプラス」を導入して、ホテルの館内案内をテレビ画面・客室設置の専用タブレットに集約表示した。

日本の最新ニュースなどを24時間英語で放送する「NHKワールド JAPAN」をアパホテルで初めて導入し、全室無料放映するほか、上層階の客室には、ほぼ全世界のプラグに対応するユニバーサルコンセントを採用した。

スペースでなく満足を

開業記者発表でアパグループ代表の元谷外志雄氏は「当社が推し進めるブランドアップ戦略にとって重要な位置付けのホテルの一つ。アパホテルは『スペース』ではなく、『満足』を売るホテルとして常に進化を続けてきた。さらなる進化を続け、断トツナンバーワンホテルチェーンを目指す」と述べた。

◆アパホテルプライド〈国会議事堂前〉全室標準仕様

(1)プライド仕様として、全客室の高級化(黒鏡面塗装やレザー張りを採用した家具仕上げ、照明付きガラス棚※、デスクとベッドの間のデザインカーテン※、オリジナルシャンデリア)※一部客室を除く

(2)スタンダードルーム全室にベッド下にスーツケースなどを収納できるスペースを確保したオリジナルベッド「Cloud fit SP(クラウドフィット エスピー)」※その他の客室はベッド下収納スペースのない「Cloud fit(クラウドフィット)」

(3)リュックサックなどを掛ける壁掛け収納フックを設けた多機能姿見を設置し、空間を立体的に活用

(4)50型以上大型4K液晶テレビ(BS 4K放送視聴可能)※ツインは55型、DXダブル・DXツインは65型

(5)アパデジタルインフォメーションプラス

●ホテルの館内案内をテレビ画面・客室設置の専用タブレットに集約表示
●自分のスマホからYouTubeの動画や写真などをテレビに映すことができるミラーリング機能
●精度の高い人流センサーを用いた大浴場の混雑状況表示  など

(6)日本の最新ニュースなどを24時間英語で放送する「NHKワールド JAPAN」無料放映(アパホテル初導入)

(7)BBCワールドニュース無料放映

(8)空気中の花粉やカビ菌などのウイルスを無効化し、脱臭効果のある「ナノイーX」を搭載し、従来機より人にやさしい風の流れを追求した新型エアコンを設置

(9)通常の浴槽より約20%節水可能かつ、ゆったり入浴できるオリジナルユニットバスを採用(自社開発した節水タイプの卵型浴槽、サーモスタット付定量止水栓、節水シャワー)

(10)通信速度とセキュリティの面で優れたWi─Fi無料接続

(11)照明スイッチ類、空調リモコンを枕元のヘッドボードに集約

(12)携帯、スマホの充電に便利なベッド枕元のコンセント、USBポート(上層階の客室のデスク上にはユニバーサルコンセントを採用)

■ホテル情報■
アパホテルプライド〈国会議事堂前〉
【住所】東京都千代田区永田町2丁目10-2
【電話】03-5157-2811
【ウェブ】www.apahotel.com/hotel/shutoken/kokkaigijidomae/

(2019年5月25日号掲載)

 

 

Share.