人気「酒蔵」、イーストビレッジに2号店オープン

0

昔ながらの造り酒屋をイメージした店構え

壁一面を覆う菰樽

壁一面を覆う菰樽

マンハッタン区イーストビレッジに9月25日、「酒蔵」2号店がオープンした。
1996年に日本各地の蔵元の地酒を紹介する居酒屋としてミッドタウンに開業した「酒蔵」。200種類を超える酒セレクションに加え、質の高い料理とデザートも人気で、多くのリピーターで連日にぎわう人気店だ。その1号店からコンセプトも一新し、白壁に木材主体の内装で落ち着いた雰囲気に作り上げた店内が特徴の2号店。

ししおどしが“和”を演出

ししおどしが“和”を演出

昔ながらの造り酒屋をイメージした店構えで、入り口を入って、すぐ右側にカウンター13席、後方にテーブル36席とミッドタウンの本店より小規模ながらも、1席当たりのスペースを広く、ゆったりしている。個室1部屋、セミ個室2部屋もあり、大人数の場合はつなげて1部屋し、パーティーやイベントにも対応できるという。顧客のニーズに応えた店内づくりにもこだわりを見せる。
店内奥に、酒蔵の「顔」ともいえる菰樽(こもだる)が壁一面を覆い、その手前にはししおどしを置くなど“和”を演出している。
地酒は本店のメニューから人気の75種類を厳選、提供。日本の老舗酒蔵の純米大吟醸からブルックリン生まれの生酒まで幅広くそろえている。

提供されるメニュー

食事は、日本酒の味をより引き立てる酒肴(しゅこう)、魚沼産コシヒカリのうちわずか000.3%にしか相当しないブランド米「雪椿米」で炊き上げる「海鮮釜飯」、ニューヨークらしいトリュフをふんだんに使用した茶碗蒸し、同店一押しの酒蔵おまかせコース(80ドルで2人から)まで、幅広い層が楽しめる料理の数々が用意されている。どれも繊細な味で、盛り付けにも凝っており、日本の会席料理を彷彿させる。おまかせコースにお酒のペアリングもセットにできる。

◇ ◇ ◇

「酒蔵」(211 E 43rd St)は、マンハッタン内で13業種の飲食店を展開する「T.I.C.グループ」(代表・八木秀峰氏)が運営する人気店で、今回オープンした2号店(231 E 9th St)は同グループが運営する「蕎麦屋」の隣にある。

落ち着いた雰囲気の店内

落ち着いた雰囲気の店内

◎情報
酒蔵East Village店
【住所】231 E 9th St(bet. 2nd & 3rd Ave)
【電話】212-979-9678
【営業時間】火─木:午後6時〜10時45分、金・土:午後6時〜11時45分
【ウェブ】http://www.sakaguraeastvillage.com

Share.