講演・討論会「トランプ政権のアジア政策」

0

ジャパン・ソサエティー

ジャパン・ソサエティー・ビジネス&政策事業部では20日(月)、「トランプ政権のアジア政策」と題した討論会を実施する。

「中国が進出を進める南シナ海問題やミサイル発射を繰り返す北朝鮮危機など、アジアの安全保障は不安定な状況が続いています。アジアの平和と安定には米国の存在が不可欠とされてきましたが、11月に日本を含むアジア歴訪を予定しているトランプ大統領は、オバマ前政権が進めたアジア回帰政策を継続するのでしょうか。米国は北朝鮮問題に対していかに取り組むのでしょうか。経済面では環太平洋パートナーシップ協定(TPP)からの離脱を宣言後、トランプ政権はどのようなアジア戦略を取るのでしょうか。本プログラムでは専門家を招聘し、トランプ政権のアジア政策について考察します」(主催者)

スピーカー:ダニエル・ラッセル氏(アジア・ソサエティー・ポリシー・インスティテュート シニアフェロー、元東アジア・太平洋担当国務次官補、元米国大統領特別補佐官、元米国国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長)、エヴァン・メデイロス氏(ユーラシアグループ アジア担当マネージングディレクター、前米国大統領特別補佐官、前米国国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長)

■概要
【日時】11月20日(月)午後6時〜8時半
【会場】ジャパン・ソサエティー
【住所】333 E 47th St(bet 1& 2Ave)
【参加費】一般20ドル、法人会員無料
【申し込み・問い合わせ】212-715-1208、[email protected]
【詳細】www.japansociety.org/business-policy

Share.