医療ビジネスに殺されるな(11-2)

0

ウンチが詰まると、人生も詰まる!

ライフスタイル・コンサルタント Makiko Castro

■医療ビジネスに殺されるな(11-1)からの続き■

慢性的な便秘が引き起こす、怖〜い病気

慢性的な便秘ということは、慢性的に体毒が全身に回っているという事です。もちろん、脳みそにも行っています。便秘で頭痛になった経験がありませんか? え? もう慢性化しているから、感じないって? Oh, No!!!

私のところへご相談にいらっしゃるクライアントさんの多くが長年の慢性的な便秘の末に、過敏性腸症候群(IBS)または炎症性腸疾患(IBD)、リーキーガット症候群、潰瘍性大腸炎、リウマチ、関節炎、痛風、子宮筋腫、卵巣嚢腫(のうしゅ)、乾癬(かいせん)、アトピー性皮膚炎、甲状腺などにホルモン異常、膀胱(ぼうこう)炎、カンジダ症などの病気を発病しています。精神疾患では、うつ病、注意欠陥障害(ADD)、強迫性障害(OCD)、イライラ、集中できない、記憶力の低下といった状態を引き起こしています。これらは、全て慢性的な便秘を放っておいた結果なのです。中には、毎日お通じが正常にあると思っていらっしゃる方の中にも、実は全部スッキリ出ていないことに気が付いていないだけ、というのが多々あるのです。便秘をするということは、大腸内に毒素工場を持っているようなものですから、体は常に高ストレスにさらされ緊張状態にあることになります。現代人がリラックスできない理由は、実はこの便秘症が原因かもしれませんね。

ところで便秘の定義ですが、毎日どんなタイプのウンチでも取りあえず出ているうちは便秘とは呼びません。多くの人が想像する便秘は、あのお手洗いに行って、ちょっとお尻に痛い思いをしないと出てこない頑固なウンチですよね? あれ、一応便秘ではありません。でも、あのウンチ、大抵はウサギのウンチか小石かみたいなフィギュアですよね? それで色も濃くて、ちょっと臭いもあるかも? みたいな。あれは体内のどこかに炎症を起こしている証拠なんです。もしそんなウンチが続くなら、それはその体内の炎症が続いているということなので、それってもしかすると便秘以上に怖かったりします。

■医療ビジネスに殺されるな(11-3)に続く■

DSC046291〈筆者profile〉
Makiko Castro

Natural Healing Artists Inc.代表。NYU大学院卒。さまざまな代替療法を学び、心身の動きと姿勢を基本とする独自の自然治癒メソッドを確立。公認栄養コンサルタント、公認GAPS™プラクティショナー、公認Feldenkrais Method™プラクティショナー。

【ウェブ】www.makikomethodnyc.com(新ブログポストは、このウェブサイト内に含まれます)

●コラム一覧●

Share.