医療ビジネスに殺されるな(14-2)

0

〈Q&A〉足の裏がデコボコで、ふくらはぎがパンパンに(2)

ライフスタイル・コンサルタント Makiko Castro

■医療ビジネスに殺されるな(14-1)からの続き■

あなたの病気は「ダメだ病」です

「三つ子の魂百まで」と言いますが、あなたを不安にしてしまう幼少の頃の思い出が未消化のまま、心の奥に残っているのではないでしょうか? あえてこの病気に名前を付けるなら「ダメだ病」です。アレもダメ、これもダメ、あなたも私もダメ、ダメダメダメ。異なる意見を持った人も、賛成してくれない人も、ご自分が欲しい物をくれない人は全員ダメなんです。また、このダメだ病を長く患いますと、一転して「私はOK、あなたはダメだ病」へと進行してしまいます。この時点で、ご自分のことより他人のことが気になるようになります。そうすると、おせっかいばかりするようになっていきます。その結果、ますますご自分の人間としての質の向上がおろそかになってしまうのです。そして最終的には、痛みや不快感と言う形で「それでは、ダメですよ」とお知らせが来るのです。なぜそんなことが分かるのかって? 母なる地球を受け入れず、つまりグラウンディングせず、不必要に力を入れて一人で頑張って生きていらっしゃる。それが、あなたの脚と足の健康状態に表現されているのです。私たちの姿勢には、意識下、無意識下にしまわれている思想の全てが表現されています。体はうそをつけません。自分や他人を欺くこともないのです。皆さんの体の姿勢(グラウンディングの仕方)に、心の姿勢が表れているのです。

そして面白いことに、「〇〇〇=愛」に近づけば近づくほど、体と心が開き、重力との友好関係が築かれ、楽に立って歩いて生きることができるようになるのです。そうなればもちろん、不治の病だって治る可能性が出てくるのです。

■医療ビジネスに殺されるな(14-3)に続く■

DSC046291〈筆者profile〉
Makiko Castro

Natural Healing Artists Inc.代表。NYU大学院卒。さまざまな代替療法を学び、心身の動きと姿勢を基本とする独自の自然治癒メソッドを確立。公認栄養コンサルタント、公認GAPS™プラクティショナー、公認Feldenkrais Method™プラクティショナー。

【ウェブ】www.makikomethodnyc.com(新ブログポストは、このウェブサイト内に含まれます)

●コラム一覧●

Share.