からだと心と魂のつながり「真我を開くセルフヒーリングへの道」マキコ・メソッド(4-1)

0

〈Q&A〉食べたものが、うまく消化できない(1)

ライフスタイル・コンサルタント Makiko Castro

Q 食べたものが、うまく消化できません。胃がムカムカしたり、便秘が続きます。特に肉を食べると便秘になります。なので、ベジタリアンになってしまいました。

A 今回はウンチについての意外なお話をしますね。まずウンチの主なイングレディエンツ(含有物)は、水、食べかす、腸内細菌(善玉菌、日和見菌、悪玉菌のコンビネーション)と剥がれ落ちた腸粘膜。このうちの食べかすは、そのほとんどが食物繊維(つまり野菜)なのだそうです。つまり野菜を食べれば食べるほどウンチの量が増える仕組み。また、本当の健康な人のウンチには、食べかすはほとんど見られないはずなのだそうです。つまり便秘の時に大腸に詰まっている物質は、肉ではなく野菜なんです。ですから、便秘の時に、さらに食物繊維の高い野菜を食べるのは間違いです。ただし、太さ約1~2センチの切れの良いウンチが毎日1~3回、何の苦労もなくきちんと出て、健康に何の問題もない方が、自然の恵みの野菜を普通に召し上がる分には何の問題もありません。

お肉は、基本的に胃で消化されて十二指腸に行く頃には、ドロドロのキメという状態になり、それから小腸で吸収されてしまうんです。お肉はウンチを生産しないということになりますので、お肉を食べると便秘になるというのは完全な思い込みです。うまく消化できないということですので、ウンチの内容物をご覧になってみると良いでしょう。大抵は、未消化の野菜のカスがウンチに混ざっているはずです。ウンチに未消化のお肉が混ざっていることは、まずありません。ただしグリルなどで焦げた肉は別です。焦げた肉は消化できませんので、その場合はウンチに含まれることもあります。

この方の場合、お肉を食べることと胃がムカムカすることの関連性については、触れていませんが、もし、お肉を食べると胃がムカムカする、あるいは胃にもたれるというのであれば、それは多分お肉の中のタンパク質か脂肪を消化する酵素、胃酸、たん汁などを作る機能に異常があるものと思われます。この消化を支える体液の生産機能の低下と便秘という二重のサインが、あなたの腸内細菌叢の不調和を示しているのは明らかです。
腸内細菌叢の不調和はベジタリアンになることでは改善できません。下剤やセンナなどの瀉下(しゃげ)薬は、その時だけは効きますが、便秘の根本原因は治してはくれません。

■真我を開くセルフヒーリングへの道(4-2)に続く■

DSC046291〈筆者profile〉
Makiko Castro

Natural Healing Artists Inc.代表。NYU大学院卒。さまざまな代替療法を学び、心身の動きと姿勢を基本とする独自の自然治癒メソッドを確立。公認栄養コンサルタント、公認GAPS™プラクティショナー、公認Feldenkrais Method™プラクティショナー。

【ウェブ】www.makikomethodnyc.com(新ブログポストは、このウェブサイト内に含まれます)

●コラム一覧●

Share.