自分=愛・自分を癒せるのは自分しかいない(3-1)

0

からだと心と魂のつながり「真我を開くセルフヒーリングへの道」マキコ・メソッド(8-1

ライフスタイル・コンサルタント Makiko Castro

前々回よりQ&Aはお休みして、「自分=愛」について書いています。

◇ ◇ ◇ ◇

前回からの続きです)

前回の終わりに、理性的な判断ができずに「闘争か逃走か」の反応に追い込まれた人たちのフォーカスが、目の前にある課題に最適な答えを見出すことから「勝つか負けるか(愛を勝ち取れるか否か)」にスライド・インしてしまい、残酷な言葉や理不尽なことを言って相手を傷つけるような行為に発展しまうことに触れました。私のクライアントの例をご紹介します。

◇ ◇ ◇ ◇

彼は、私に会う6年くらい前から胃炎と腸炎を併発し慢性化させていました。料理ができないことが幸いして、シンプルな調理で済むGAPS食事療法を気に入って、きっちり3カ月実行して症状も治まったころ、急に魔がさしてグリーンジュースを飲んでしまいました。グリーンジュースはほぼ砂糖水ですから、それまでGAPS食事療法で抑えられてきた悪玉菌たちが一気に元気を取り戻し、腸内に大量のガスが発生し腸痛が起こったのです。

そう説明する私に「GAPSじゃあ治らないんだ! 君の治療は失敗だったんだ!」と、痛みに苦しむ彼はとても攻撃的な態度で、暴言をまき散らしたのです。でも、たまたま同じ日の朝にお医者さまのチェックアップがあり、胃炎がどうなっているか調べたばかりで、結果はなんと、何年も苦しんだ胃炎は、完治していてお医者さまもビックリ。私にとっては、非常にラッキーでした。

もちろん、彼は平謝り。彼の場合、グリーンジュースは、当分飲んではいけないことを知っていましたから、やってはいけないことをした結果として、予想されていた症状を起こし、自分でも「しまった…。」と思っていたのだと思います。

罪の意識とその苦しみから解放されようとあがき、理性的な判断ができなくなって、私にその苦しみの責任を押し付けた形になってしまったのです。調子の良い時の彼は、とても品の良い好青年なのですが、腸の調子が悪い時、ほぼ必ずジキルからハイドになってしまうのです。それでも、人というのは体調が悪いと、自分の行いの責任を自分でとるということができないようだということです。もしかすると「できない」というより、「責任を取る自信がない」ということかもしれません。

◇ ◇ ◇ ◇

別のクライアントのケースをご紹介しましょう。

このクライアントは、長い間苦しんできた精神疾患を治して、人生をやり直したいとご相談にいらっしゃいました。彼女の精神科医と連絡を取りながら7種類服用していた精神疾患薬を、1年半かかって4種類まで断薬することに成功し、5種類目の半分あたりまで来た時に、弟さんが突然、悲劇の死を遂げてしまったのです。この事件の後、彼女は周囲の人々に攻撃的な態度をとるようになったのです。

■自分=愛・自分を癒せるのは自分しかいない(3-2)に続く■

DSC046291〈筆者profile〉
Makiko Castro
Natural Healing Artists Inc.代表。NYU大学院卒。さまざまな代替療法を学び、心身の動きと姿勢を基本とする独自の自然治癒メソッドを確立。公認栄養コンサルタント、公認GAPS™プラクティショナー、公認Feldenkrais Method™プラクティショナー。

【ウェブ】www.makikomethodnyc.com(新ブログポストは、このウェブサイト内に含まれます)

●コラム一覧●

Share.