自分=愛・自分を癒せるのは自分しかいない(4-3)

0

からだと心と魂のつながり「真我を開くセルフヒーリングへの道」マキコ・メソッド(9-3

ライフスタイル・コンサルタント Makiko Castro

■自分=愛・自分を癒せるのは自分しかいない(4-2)からの続き■

確か前々回、この世の多くの人々の心身の病気や悩みの原因が、食事と睡眠の質にあることに触れました。これらに加えてもう一つ大切なのがウンチの出方と質なんです。つまり、人間にとって健全な食事をして、健全に睡眠をとって、健全なウンチをしていると心身共に健全になれるということなのですが、この健全な食事をしないと夫婦間の平和が乱れることに、この時気が付いたわけです。私がGAPS食事療法を知ったのが、結婚後約2年経過してからでした。それまで、いわゆる「日本的な健康な食事」を作っていました。つまり、低脂肪、低塩分で野菜中心のご飯です。しかもマヨネーズ、ドレッシング、ポン酢、ソースなどは、市販のものを使っていました。でも、GAPS食事療法の存在を知り、プラクティショナー・トレーニングにアプライする準備を始めたころから、良質の脂肪をたくさん取り入れるようになり、お米、パン、うどん、そばの類を取り除き、パスタは1カ月に1~2回に減らしたのです。最低週4回は、豪華な「お家ご飯」を作って一緒に夕飯を楽しむようにし、私の方が遅く家に帰ることが分かっている日は、自家製チキン・ブロスにたっぷりバターで炒めた野菜を入れた、栄養満点野菜スープを作り置きしていくようにしたのです。往々にして、米国人男性は妻が食事を毎日きっちり作ることに罪の意識を感じるようで、当初はプロテストしていた夫は徐々に「お家ご飯」の虜(とりこ)に。しばらくすると、「週末に、君とゆっくりご飯を食べるのが楽しみなんだ」とうれしそうに言うようになりました。また、栄養満点のご飯で元気になった彼は、食事の後の後片付けと皿洗いを毎回担当するようになりました。前出のマヨネーズ、ドレッシング、ポン酢、ソースなどは、全部自然の材料で自家製に変更。彼が独身だった時、冷蔵庫に常備されていた某有名メーカーの粉を水に溶かすだけのアイス・ティーを本物のルーズリーフティーを煮出して冷やしたものに、パウンドケーキやアイスクリームなどのデザートも防腐剤や風味を保つために入れてある添加物などを避けるために自家製に。もちろん、砂糖は蜂蜜やメープルシロップに、小麦粉はアーモンド粉とココナツ粉に変更。自家製ブロス用のチキンと毎日食べる卵は放牧鳥、乳製品は全部生乳から作られたものに変更。ヨーグルトは生乳で作った自家製。野菜と果物はオーガニックも大切ですが、それ以上に新鮮かどうかを重視。オーガニック野菜を扱っている食料品スーパーでも、新鮮でないものもありますのでご注意ください。

うちは子供はいませんが、私は起業して自分のビジネスがあります。ですから、それなりに忙しいです。でも、食事内容が充実することで、栄養の摂取が十分にできるようになったお陰で、気力も体力も上がって気持ちもポジティブを維持しやすくなりましたし、驚くほど集中力、想像力、プロダクティヴィビティなどが上がったのです。食事の質が悪いと、ボーっとする時間も増え、眠くなったり、不必要にイライラしたりということが増えてしまいます。気が付かない程度でも、体の何処かに不調和な部分があると、仕事がはかどりませんよね。特に砂糖と添加物を取ると睡眠の質が悪くなります。もちろんウンチの出も質も悪くなりますし。

こうして私たち夫婦は、相手を理解する心の余裕を食事の質を上げることで解決したのです。GAPS食事療法を過程に取り入れること約7年、7年という時間は人間の細胞が100%再生する長さです。彼は今年60歳、私は56歳になりますが、二人そろって以前よりも元気です。新しいことにチャレンジする気力も体力も十分にあります。よく眠れますし、薬は一切飲んでいません。ある時、夫の友人が「君はどんな薬を飲んでいるんだい?」と、自分の薬ケースを出しながら訊ねたことがあります。夫が「何も飲んでいないよ。」と答えると、「え? どうして?」とお友達、「病気じゃないからさ。」とうちの夫、といった不思議な会話をしたことがあります。それほど、この国では、ある程度の年齢がいくと薬を服用するのが当たり前になっているのです。彼はデザートが大好きでお砂糖の入ったものを食べるときの目つきは、異常なものがあります。常に栄養が足りていない状態なのです。ちなみに彼の奥さんは、一切お料理をしません。この奥さんは今では、神経伝達物質のバランスが崩れたことによる免疫不全系の病気で、片頭痛に悩まされています。彼らの一人娘は14歳を過ぎたころから性格が荒れ出して、彼らの手に負えないのだそうです。悪い食事とティーンの性格の荒れとの関係については、またこの次、お話してみたいと思います。

食事の質を改善すると、健康になって家庭が平和になること以外にも、すごいボーナスが付いてくるんです。それは、夫の出世と給料の向上。まさに本紙掲載の本田健さんのコラムにあるような「幸せな小金持ち」になれるんです。GAPS食事療法は「お腹と心と懐を豊かにする食事」なのです!


健康や美容に関する質問を募集

本コラムでは、筆者のマキコ・カストロさんが読者からの健康や美容に関する質問にお答えします
皆さまからの質問をお待ちしております。ニックネームと質問内容をご明記の上、[email protected](メール件名「健康や美容:質問」)までお送りください。

DSC046291〈筆者profile〉
Makiko Castro
Natural Healing Artists Inc.代表。NYU大学院卒。さまざまな代替療法を学び、心身の動きと姿勢を基本とする独自の自然治癒メソッドを確立。公認栄養コンサルタント、公認GAPS™プラクティショナー、公認Feldenkrais Method™プラクティショナー。

【ウェブ】www.makikomethodnyc.com(新ブログポストは、このウェブサイト内に含まれます)

●コラム一覧●

Share.