〈会社探訪〉Wish Auto

0

NYで車に関するトータルサービスを提供

リピーターの多さは信頼の証
「売りっぱなしにはいたしません」

wish auto-face

「お客さまが買いたい車を売りたいんです」とオーナーの市村知広さん。顧客の思いを常に忘れない姿勢で信頼を集める

050321men-IMG_0007

自社の修理工場で購入後のメンテナンスや修理にも対応

米国生活において必需品の一つである「自動車」。決して安くはない買い物だが、口コミとリピーターにより顧客数が増え続けている会社がある。今年で創業11年目の中古車販売会社「ウィッシュ・オート」がそれだ。
オーナーの市村知広さんはディーラーや整備士などの仕事をへて、2004年に同社をニューヨークに開業。「車は毎日使う消耗品」という考えから、車を売りっぱなしにはしないのがポリシー。購入後のメンテナンスや修理にも対応ができるよう、自社修理工場の設備を整えている。

自社修理工場で車の健康診断

車のメンテナンスは健康診断ようなものだという。乗り手が感じた不具合とは別の箇所が故障している場合も多いため、不具合が出た前後の状況を細かく聞き取りをして原因を探る。その上で、本当に修理しなければいけない箇所だけに、適切な処置を加える。こうすることで、不要な箇所まで修理して請求金額が高くなったり、修理に出したのに調子が良くならないといった状況を未然に防ぐ。
販売の際にも、じっくりと顧客と語り、希望を拾い上げていく。中古車を扱っている以上、選択肢が限られているのだが、それでも顧客満足度が高いのは、市村さんのリサーチと分析が丁寧だから。日本で乗っていた車・家族構成・生活スタイル・使用目的などから、顧客のイメージに近い車を選択し、提示。心掛けていることは、なるべく迷わずに決められるよう、その人にとって何が重要なポイントかを理解し、判断に必要な情報を的確に伝えること。また、ビジネス的な視点に陥りすぎず、常に「もし自分の車だとしたら」という気持ちを毎回思い出すことだという。
そんな市村さんを信頼し、ニューヨークに再赴任が決まったリピーターから電話一本で車の予約が入ることもある。
「予算と希望のポイントを伺い、『では、着任日から乗れるようにしておいてください』というオーダーをいただくことがあるのです。高い買い物なのに、信頼していただき本当にありがたい」と語る市村さんの人柄とホスピタリティを見れば、人気の理由が分かる。同社は車検(ニューヨーク州公認)、高価買取、点検、一般修理にも対応しているので、車についてトータルに相談ができる頼もしい存在だ。
〈情報〉
Wish Auto
【住 所】428 Waverly Ave, Mamaroneck, NY 10543
【電 話】914-381-0012
【営業時間】月―金 午前9時〜午後5時、土 午前9時〜午後3時、日休
【Eメール】[email protected]
【ウェブ】www.wishauto.com
(「WEEKLY Biz」2014年5月3日号掲載)

 

Share.