コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人 GOHAN Society会長 川野作織(3)

0

イラク・クウェート侵攻で訪れた最大の危機

(11月26日号からの続き) 1982年に私はKORINをスタートさせました。88年7月に娘が生まれ、公私ともども幸せの絶頂。日本もアメリカもバブルで景気も良かったのです。出産に伴い少しスローダウンして休んでいたら、90年8月、イラクのクウェート侵攻が起こりました。戦争になると感じ「事業を縮小しなければ!」と、戦争下ではホスピタリティ関連事業は危機になると感じたのです。ミッドタウンのショールームを解約しようとすぐに思いつきましたが、なんとリースがあと5年半も残っていて貸主からは解約できないという返事。

弁護士に相談すると「年内いっぱいでNYから事業撤退する“計画”だとして、貸主と交渉しよう」と。“計画案”は変更になっても構わないので、実際には後でNYで事業を再開しても違法にならないとのこと、驚きました。9月から交渉が始まり、家賃は直接支払いませんでした。賃主は解約不可の一点張りでしたが12月31日に全ての荷物を出して部屋を空っぽにしたところ、1月2日に連絡があり、遂に解約できたのです。これで月に1万3500ドルの経費が節約できることに。湾岸戦争が始まったのは、その約2週間後でした。

潰すくらいなら縮小する

「もたもたしていたら間に合わない」とこの時強く学びました。もしも◯◯になったら…をいつも考え、先を予測して、バックアッププランを立てる。一度潰れてしまった会社を再度信用してもらうのは、ほぼ無理。最小限のサイズにしてでも、生き延びた方が良いのです。「会社の規模にこだわらない」こと、「今まで築いてきたものに執着心を持たない」ことが大事です。極端な危機に際しては、発想の転換が必要で、外からの助言が必要です。様々なプロの力を借りて、乗り切る。躊躇があるときは「現状維持のまま乗り切れないかな」と思っているものですが、出血したまま走り続けるのは精神的負担も大きいです。良くないです。できるだけ早く手を打ち、売り上げと経費の見合うところまで縮小するのです。

(第4章に続く)

kawano

かわの・さおり 1982年に和包丁や食器などのキッチンウエアを取り扱う光琳を設立。2006年米国レストラン関連業界に貢献することを目的に五絆(ゴハン)財団を設立。07年3月国連でNation To Nation NetworkのLeadership Awardを受賞。米国に住む日本人を代表する事業家として活躍の場を広げている。

(2016年12月10日号掲載)

●コラムまとめ●


●Biz 100人委員会
Biz100人委員会とは、本紙を通じて米国の日本人コミュニティーを支援していただくための会です。支援の形として、広告という概念とは別に、会員制の下、本紙を支えていただくとともに、紙面を読者への貢献の場として利用いただいています。
「NEW YORK ビズ!」は「週刊 Business News」に始まり、おかげさまで41周年を迎えました。アメリカン・ドリームを胸に、大きな希望をもって米国に渡ってきた人々へ、幅広い情報を提供することで「異国の大和魂」を応援してまいりました。提供する情報から大きなビジネスの飛躍をした方も少なからずおられ、われわれの喜びとなり日々の活力となっております。
しかし、日々激しく変わる時代において、この充実感を共有できる方々がいること、また今よりもっと読者の応援につながる方法があることに気づきました。ビジネスと人生の成功者であり大先輩である方々に支援・参加いただくことこそ、読者へのより強力な応援と弊紙のさらなる存続につながるのです。米国のチャリティー精神を理解していただく皆さまにこそ、この機会に目を向けていただきければ幸いです。
【問い合わせ】info@weeklybiz.us

〈入会のメリット〉
●社会貢献できる
ご自身の経験やご意見を語っていただくことは、米国の日本人コミュニティーを応援することにつながり ます。ご経験を広く共有して頂ければ幸いです。

●ご自身の声や活動がオフィシャルとなる
執筆頂いた原稿は弊社編集部が確認・校正を入れた上で掲載するため、信頼性のあるメディアに「公」に 出した実績となります。

●今までにない人脈を作ることができる
カテゴリーも年齢もステイタスも違う委員会の同志の人たちとつながることができます。

●ニューヨーク・ビズの紙面づくりに参加できる
100人会のページでは、一方通行の情報配信だけでない、会員の皆さまの意見を反映させた会員が作る紙面となります。ご自分の意見が反映された媒体を持ってはいかがでしょうか。

Share.