〈コラム〉今年もカーネギーで豪華にゴスペル!

0

トミー富田「​ハーレム浅草下町考」Vol. 65

クリスマスシーズンをニューヨークで過ごす「醍醐味」は何ですか? 私は、いつもよりちょっとお洒落して、このシーズンならではの音楽の世界に浸るのが楽しみのひとつ。ニューヨークには、様々なジャンルの最高峰が集まっていますから。

そこで、お薦めなのが、クラシックの殿堂カーネギー大ホールで恒例となった豪華イベント「ア・ナイト・オブ・インスピレーション」。

現在アメリカで最も活躍中のミュージックディレクター、レイ・チューが、ゴスペル・クラシック・ポップス界のスター達と、オーケストラ楽団と、100名のゴスペルクワイヤーを、見事に組み合わせ、2800人満席の観客を、壮大なクリスマス色の世界へと導きます。

総勢20名の豪華ソロゲストは、「アラジン」主題歌でお馴染みのレジーナ・ベル、圧倒的歌唱力のR&Bのレディシー、ゴスペル界の大物シャーリー・シーザー、リチャード・スモールウッド等から最新のトラヴィス・グリーンまで、さらにはクラシック界からも。そして! 今年もこのステージに、私が1997年に創設したハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤーが、唯一の日本人としてコーラスで出演します。

私とレイ・チューとは、彼がアポロシアターのMDをしていた頃からの長い付き合いですが、今や全米の大きなイベントの音楽を牛耳っている、といっても過言ではなく、グラミー賞、エミー賞、ミス・ユニバース、オバマ元大統領就任式から、アメリカン・アイドル、ダンシング・ウィズ・ザ・スターなどのTV番組、そしてメイシーズ・サンクスギビング・パレードやロックフェラーのツリー点灯式に至るまで、人気イベントの音楽監督をほぼ制覇。また、アリシア・キーズ、プリンス、アレサ・フランクリン、リアーナ、ジャスティン・ビーバ他、数え切れない大物スターも担当している天才です。

ふぅー、どれだけ凄いか一気に羅列しましたが、こんな世界の一流達を、割と気軽に生で見られるというのがニューヨークならではですよね。

いや、来年は自分もステージに立ちたい、と思った方は、新年からどうぞハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー(代表:松尾公子)に参加下さい。

それでは、皆さんも2018年の良い締めくくりを。

A Night of Inspiration
12月15日(土)午後8時
Carnegie Hall Stern Auditorium
チケットは 36〜81ドル
Box Officeまたは(212-247-7800)または carnegiehall.orgで

ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤーの問い合わせは [email protected]

(次回は2月第2週号掲載)

〈筆者プロフィル〉トミー富田(トミーとみた) 東京浅草生まれ。ニューヨーク・ハーレム在住23年の音楽プロデューサー。1994年にアジア人初の「Dr.マーティン・ルーサー・キングJr.アワード」を受賞。ハーレム商工会議所会員。アポロ劇場ボードメンバー。20年以上続けている大人気の「トミー富田のハーレムツアー」は、日本からのファン、リピーターが多いことでも有名。

■トミー富田のハーレムツアー 電話:646・410・0786 ウェブ:tommytomita.com

〈過去の一覧〉

Share.