格闘家 RENA インタビュー 6月14日「Bellator 222」NY大会に出場

0

RENA

BOUT. 285
格闘家 RENAに聞く

RIZINが誇る女性格闘家がMSGで戦う!

シュートボクシングの絶対女王として君臨し、「RIZIN」(日本の総合格闘技団体)のリングではその強力な打撃を武器に勝利を重ねる最強の女性MMAファイター、RENA(レーナ)選手。6月14日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)で開催される「Bellator 222」へ参戦し、Bellatorでのデビュー戦を控えたRENA選手に現在の心境を聞いた。(聞き手・高橋克明)
https://www.msg.com/calendar/madison-square-garden-june-2019-bellator-222

明後日、いよいよここマディソン・スクエア・ガーデンで戦います。

RENA もう、すごくわくわくしていて、ここ最近でいちばん体調もいいので、楽しみでしかないです! 今日、初めてマディソン・スクエア・ガーデンに入らせていただいて、こんなところで試合ができるんだっていう、わくわくが止まらない感じです。楽しさしか今はないですね。

ニューヨークはプライベートも含め、何回目ですか。

RENA 初めてなんですよ。今回もちょっと早めに(ニューヨークに)入らせていただいたので、で、到着してセントラルパークをランニングして。この都会のど真ん中にあんな素晴らしい自然があるのかって驚きました。住みたくなる街だなって思いましたね。

海外で戦うことに関しては不安はありませんか。アウェー感を感じたり、コンディションを整えるのが難しかったり…。

RENA 実は、来る前はすごく心配していたんですけれど。来てみると、すごく体に合うみたいで。すごく体調もいいんですね。減量もうまい感じにいっていて。なんだろう(笑)今まででも一番合っている感じ、です。

今まで、アメリカで試合をしたことがなかったのが、少し意外な感じがします。

RENA 実は、アメリカで試合をするのがずっと夢だったんですね。その夢が、明後日叶うんだって思ったらちょっと鳥肌がたちますね。

では、もうニューヨークに拠点を移していただいて…。

RENA あはは。それもひとつの、そうですね、やってみたいことではありますね。

相手選手の印象はいかがですか。

RENA 強い選手だとは思います、でも、自分のパフォーマンスをするだけなので。

RENA選手が入場する際、いつも笑顔なのが印象的です。ただこの1年は、入場シーンでも悲壮感が伝わり、苦しかったのでは。

RENA うーん…そうですね。でも、RIZINにしても、誰もが立てる舞台ではないと思っているので。そこに選んでいただいている以上は、今までやってきたことをやり遂げたいな、って思っています。まずは自分が楽しんで、いつも通りで、笑顔でやり遂げたいなっていう。

今回の試合に勝った後、次のゴールはなんでしょう。

RENA ゴールというか、今がすごく楽しいので…。なので、世界中の人に、私自身と、シュートボクシングと、RIZINを知ってもらいたい、広めたい、っていうだけですね。やっぱり女子のアスリートとしてもっと活躍したいと思っているので。

 

★ インタビューの舞台裏 → ameblo.jp/matenrounikki/entry-12480551062.html

 

RENA(レーナ) 職業:女性格闘家
小学6年生よりシュートボクシングを始め2007年にプロデビュー。デビュー戦こそ黒星を喫したが、その後は順調にキャリアを重ね、09年にシュートボクシング女子の祭典、GirlsS-cupに出場し、初優勝を飾る。翌10年の同大会も制し2連覇を達成。外国人ファイターを相手に勝利を重ね“絶対女王”の地位を不動のものにする。15年大みそかにRIZINのリングでMMAデビュー。イリアーナ・バレンティーノから飛びつき腕十字を極めて一本勝ちを収め、16年4月のRIZIN.1ではシュートボクシングルールでシンディ・アルベスを完封。続く9月大会で元レスリング世界王者の山本美憂からニンジャチョークでタップを奪う。そして同年大みそかには剛腕ハンナ・タイソンを三日月蹴りで沈めてみせた。17年4月のRIZIN.5ではドーラ・ペリエシュに躊躇することなく顔面を踏み付けし、最後は強烈なボディで悶絶(もんぜつ)TKO葬。続く10月のトーナメント1回戦ではアンディ・ウィンを得意の左ボディで葬りRIZIN6連勝を飾った。そして迎えたRIZIN初代女王の座をかけた決勝戦では、浅倉カンナと対戦。絶対の自信を持ち臨んだが、浅倉の総合力の前に屈した。そして18年7月のRIZIN.11で7カ月ぶりに巡って来た再戦でフルラウンドを戦い抜いたが、リベンジならず。約5カ月の沈黙を破って再スタートとなるはずだった大みそかのRIZIN.14ではドクターストップによる欠場となり無念の試合中止となった。再スタートとなるRIZIN.15では昨年末に対戦予定だったサマンサを判定で破り、復活の狼煙(のろし)を上げた。SHOOTBOXING/シーザージム所属。

公式サイト:https://rena-official.amebaownd.com/

◇ ◇ ◇

〈インタビュアー〉
高橋克明(たかはし・よしあき)
専門学校講師の職を捨て、27歳単身あてもなくニューヨークへ。ビザとパスポートの違いも分からず、幼少期の「NYでジャーナリスト」の夢だけを胸に渡米。現在はニューヨークをベースに発刊する週刊邦字紙「NEW YORK ビズ」発行人兼インタビュアーとして、過去ハリウッドスター、スポーツ選手、俳優、アイドル、政治家など、400人を超える著名人にインタビュー。人気インタビューコーナー「ガチ!」(nybiz.nyc/gachi)担当。日本最大のメルマガポータルサイト「まぐまぐ!」で「NEW YORK摩天楼便り」絶賛連載中。

Share.