〈コラム〉カイロプラクター DR. 石谷三佳「骨盤・背骨の歪みをリセット」第162回

0

肩や胸の痛み
筋骨格系ならカイロプラクティック治療で98%の患者が緩和

肩の後ろから胸に広がるような痛み、心配ですね。こうした痛みがある場合、私たちはまず心臓疾患の可能性を疑いますが、実際に救急病院やファミリードクターに診てもらうと、“筋骨格系の痛み”か、単に“関節炎”と診断されることが少なくありません。

実は、胸の痛みを訴えて心臓科を訪れる患者のうち、このような筋骨格系の痛みが原因の人が、心臓発作や狭心症に次いで3番目に多いとも言われています。確かに心臓に問題がなければ安心ですが、決して痛みがなくなってしまうわけではありませんし、痛みの解消のために適切な治療が必要です。

肩や胸の痛みの原因が、筋肉や関節の配列が問題で起こる痛みの場合、背中をコントロールしている神経の炎症が原因です。神経の炎症と言ってもピンとこないかもしれませんが、簡単に説明すると、背骨の歪みによって、背骨から出ている神経は圧迫されます。圧迫された神経は次第に炎症します。このように、背中を支配している神経が圧迫され、炎症すると、肩から胸へと広がります。こうした痛みに対しては、カイロプラクティク治療がベストです。これまでの、あらゆる研究によって実証されていますが、実際、薬や理学治療、エクササイズ、そしてマッサージなどと比較すると、カイロプラクティックの治療で一番早く痛みが解消されています。理学治療やエクササイズなどは、カイロプラクティック治療と、補助的に施すことで効果を上げる効力があります。

ロンドンにあるセントジョージ病院が行った研究によると、肩と胸の痛みを訴えた患者全員(対象となったのは心臓病の疑いがあったが、最終的な診断は脊椎骨=背中の骨=の配列のズレと神経圧迫だった患者)にカイロプラクティック治療をほどこしたところ、78%の患者において痛みが完全に解消し、20%については、完全ではないが、かなりの改善があったと報告しています。つまり、98%の患者がカイロプラクティック治療で痛みが緩和したと発表されました。

このように、背骨の不整列によって、心臓病とも分かりかねない体の症状が起こりえます。もちろん、内臓系循環器系の検査もして、それが問題なかった場合、筋骨格系の専門医のカイロプラクティック医をお訪ねください。カイロプラクティックの治療はこのように脊椎(首、背中、腰)の関節治療の専門医です。薬などで、痛みを和らげるだけでなく、根本的な痛みの原因を明確にし、自然医療で体を管理していくことは、長い人生を健康に過ごすためにとても大切なことです。

(次回は7月14日号掲載)

MikaIshitani〈プロフィル〉石谷三佳(いしたに みか) 石谷カイロプラクティッククリニック院長、パーマーカイロプラクティック大学院卒、ハーバード大学医学部専門課程終了/米国、米国小児、ニュージャージー、日本カイロプラクティック協会会員/2008「Chiropractor of the Year」受賞。2015「Bergen’s Top Chiropractor」受賞。

過去の一覧

Share.