【新生活特集】塾 「KUMON」

0

通塾と自宅学習で基礎学力身につける「KUMON」

幼児教育で最も重要な日本語が学べる

74年からNYで子供たちに教える

通塾と自宅学習で「読み・書き・計算」の基礎学力を身につけることで知られる公文式学習法。現在「KUMON」は全世界、51の国と地域に広がる。昨年創立60周年を迎えたKUMONだが、米国では1974年にニューヨークでの算数・数学教室が日本国外初として誕生した。

3月1日に移転、リニューアルオープンした「MIDTOWN EAST II」教室の指導者である高尾益美さんは30年間KUMONで教え続けている。

87年のニュージャージーのカンパニーセンターを開設以来、自らも2人の子供を育てながら同校の発展に貢献してきたベテランの教育者だ。高尾さんによれば、幼児教育で最も重要なのは「国語の力」。優秀児と言われる生徒たちはほぼ全員と言っていいほど、本を読み始めた時期が早く、読書力が高いということが分かっているそう。読書力が高いと理解力、分析力、集中力や自学自習力も高められるという。米国で子育てをする人にとっては、英語と日本語のどちらに力を入れるべきか迷うかもしれない。

「まず母国語である日本語を少し早く覚えさせると、その後の英語も吸収が速いですね」と高尾さん。なお、国語(日本語)が学べるのは、マンハッタンでは同校のみ。

キャプ 高尾益美さん(左)と娘で共に指導者の愛美・サビオ・シモニーニさん

コースは普通コースと乳幼児コースに分かれ、普通コースは水曜日の午後2時〜6時半と土曜日の正午〜午後5時、乳幼児コースは土曜日の10時半〜11時半。これに、自宅学習用の教材が配布される。

自宅では「くもんタイム」を設定し、毎日少しでも学習する習慣をつけさせることで自学自習の力を養うことも狙いの一つ。対象年齢は1歳半から大人までと幅広く、「読む楽しみ」を教えるところから古文や漢文、大学センター試験対策なども行っている。日本語で指導と英語で指導のクラスがあり、現地校や補習校と並行して通う生徒も多い。

KUMON MATH AND READING CENTER OF MIDTOWN EAST II
【住所】900 1st Ave, bet 50th & 51st St, New York, NY
【電話】347-882-3914
【Eメール】[email protected]
【ウェブ】www.kumon.com/midtown-east-ii
【授業料】月175ドル/1教科(普通コースで全8回、乳幼児コースで全4回と自宅学習、教材費込み)
※入会金50ドル ※通信学習の場合は別途郵送代

(2019年3月30日号掲載)

Share.