大坂なおみ選手 全米テニス前に記者会見

0

テニスの全米オープン開幕を2日後に控えた8月25日、錦織圭選手大坂なおみ選手(ともに日清食品)が、滞在先でもあるニューヨークのキタノホテルのペントハウスで記者会見し、意気込みを語った。

記者会見での質疑応答の全容
(会見はすべて英語)

3回目のUSオープンです。以前より自身のランキングは上がっていますが、USオープンへの期待はより大きくなっていますか?
大坂選手 グランドスラムの経験値が上がっている分、もちろんUSオープンへの期待も上がっています。過去2年間にいけたところまでは、というものあるしもっと上を目指したいですし、世界一位の目標であることは達成したいけれど、全ての試合を楽しむことはもちろん自分にプレッシャーをかけすぎないようにしたいです。

小さい頃(NY州)ロングアイランドで過ごされていますが、USオープンへの出場は、やはり他の試合と違いを感じますか?
大坂選手 子供の時に所属していたロングアイランドのジュニアリーグでを思い出して懐かしく感じます。だからこそここでプレーできることを光栄に思います。

過去2年のベスト16以上を目指したいと思っていますか?
大坂選手 もちろん。それに可能だと思っています。

この大会(USオープン)のどういうところが好きですか?
大坂選手 街が好きです。NYでは常に何かが起こっているところですから。練習においても自分の決断できるところが好きです。私が小さい時に覚えているのが、私はプレーしている人々を見ていて、彼らは自分たちの意志で練習できているんです。それはとても幸せなことだと思うんです。

SNSで最近テニスが楽しい、という感覚が戻ってきた、と発言されていましたが、
大坂選手 この年の始め、すべての試合、この状況にいれることが幸せだと気づきました。自由に感じることができましたし、全ての試合に勝つことを期待できるようになりました。それまでテニスを楽しいというより仕事や重い責任として感じていました。その時のシーズンが終わった時に、たくさんの人に、どうだったと聞かれましたが、自分の気持ちを自分でコントロールできるようになって、前は心配事が多くあったけれど、もう今はなくなりました。

街にノスタルジーを感じるということとテニスを楽しく感じ始めたというのと、この街に帰ってきたらテニスを楽しいということも思い出したりして、やる気に繋がったりしますか?
大坂選手 思いだいます。NYに戻ってきて、さらに楽しいと思えました。

ファッション誌の撮影などは、楽しんでできていますか
大坂選手 プレッシャーは感じるけれど、それらを楽しんではできています。

楽しくテニスをできるようになってからどのような練習をされてきましたか?
大坂選手 弱点を直すことによってもっと良い選手になりたいです。

夢を見るときは日本語でみますか?
大坂選手 時々日本語の夢を見ます。私が完璧に日本語を話している夢を見るんですけど、朝起きて「今日、日本語だけ喋る!」と宣言しても、その日に日本語を話すのはそれっきりになってしまいます。

日本のファンへ日本語でコメントをお願いします
大坂選手 去年も同じことを言っていましたね。「こんにちは、こんばんは、おはようございます。大坂なおみです。ちょっと恥ずかしい。試合頑張ります。ありがとうございます。よろしくお願いします。」はい! ありがとうございます!

USオープンはすごいエネルギーがあるし、多くのファンがあなたを見ています。あなたについてのエナジーと他の場所と比べてのこの試合についてあなたの考えを教えてください。
大坂選手 場所で行ってもここは大きなスタジアムです。私が去年プレイできたときは、チャンピョンとも戦えましたし、最終的に負けてはしまったけど、すごく経験になりました。確かに私もこの試合でのそのエナジーを感じていますし、試合後でもファンの人々次の私の試合を楽しみにしてくれます。NYは本当にすばらしい街です。

今年は去年と違いシードでがありますが、シードを踏まえた上での去年と今年とで気持ちの違いはありますか?
大坂選手 そうですね。今年はシードがあることでシード選手のみの特権を得られることはありがたいと思っています。また、周りの人からの期待も高まっているのでそちらもありがたいですね。

テニスにプレッシャーや不安を感じた時どうリラックスしますか?
大坂選手 オーバーウォッチで遊んだり、ユーチューブを見たり、漫画を読んだりします。私のリラックス方法です。

一回戦の対戦相手について、ラウラ・シグムントにどういうところについて気をつけて勝ちたいですか?
大坂選手 以前戦ったことがあるけれど、彼女は上手で体力のある選手です。注意する点には焦点を当てて、忍耐強くいきたいですね。

Share.