盲導犬トレーニング施設と「リンドハースト・マンション」見学ツアー 8月3日、NY日系ライオンズクラブ

0

盲導犬施設

ニューヨーク日系ライオンズクラブは8月3日、同団体が支援するニューヨーク郊外ウエストチェスター郡ヨークタウン・ハイツにある盲導犬トレーニング施設「Guiding Eyes for the Blind」(611 Granite Spring Road, Yorktown Heights)の見学ツアーを行う。同施設のファミリー感謝デーに伴い、子どもから大人まで誰でも参加が可能となっている。ツアーは現地に午前11時から午後5時ごろ滞在。昼食付きで定員は30人まで。

また、「Guiding Eyes for the Blind」の見学後は、車で30分ほど南下したところにあるタリータウンへ移動し、第56、58代ニューヨーク市市長ウィリアム・ポールディングが1838年に建てた邸宅「リンドハースト・マンション」(635 South Broadway, Tarrytown)のクラシックツアーに団体参加する。19世紀のゴシック復興建築様式と当時のインテリア、ハドソン川を望むガーデンを楽しめる。

「リンドハースト・マンション」の外観

当日は、電車(メトロノース鉄道)、もしくは自家用車での参加が可能(車の場合は午前11時に現地集合)。電車の場合は、グランドセントラル駅で集合し、同クラブメンバーが引率する。到着駅のクロトン・ハーモン駅からは、クラブメンバー自家用車とトレーニング施設のバンで目的地まで向かう(グランドセントラル駅午後9時45分出発、クロトン・ハーモン駅10時39分着)。

参加費は10ドル(子どもは無料)で、別途交通費と見学料は実費となる。

問い合わせや申し込みは、担当の三木さんまでEメール([email protected])か電話(914-707-3011)で。

(2019年7月6日号掲載)

Share.