コーリン・ジャパニーズトレーディング代表取締役社長NPO法人 GOHAN Society会長 川野作織(16)

0

親が思う「こうあるべき」は全部捨てて良いのかも

(前回=9月14日号掲載=からの続き)

母が「大丈夫」と言ってくれた記憶は私が娘を育てる上でも大きな助けになりました。

私が子供の頃何がありがたかったかというと、すぐ「よく頑張ってる、すごく偉い」って褒めてくれたことです。小学校4年生の時に通信簿が悪かったのですが、すると父も母も揃って先生がよく分かってない!と。これを聞いたときはすごい親だなと思ったものでした。「子供をもっとよく見て、育てる気持ちで教育しないといけない。先生が分かってないね」と言うので、子供ながらに私はびっくりして、すごい!と思ったのです。

55年も経っても忘れられません。これは親から受けた最大の愛情、最大のサポートだったと思います。まるまる受け入れてくれているんだなぁという、この気持ちがあったから今まで頑張って来られたのだと思います。

そういう親に私もなりたいって娘を産んだ時からずっと思っていて、勿論子育てには心配の種もいっぱいあるのだけれども、でも「いい子なんだからそれで十分。優しい性格なんだから、それ以上何も望む必要はない」って思うことができて。だから親子喧嘩もないんですよ。

私の娘は、喧嘩しなくても察してくれるんです。2歳くらいからすでに、いつもベビーシッターさんや他人にお世話になっているから、気遣いを身に付けたようです。学力よりも何よりも、人の気持ちを察するのは大事で、でもなかなか教えられないことですから、こういう感性が身に付いて本当に良かったと思っていて。ベビーシッターに預けてばかりの仕事で忙しい母親だったことにだいぶ罪悪感がありましたが、そのおかげでこんな風に育つとは、と驚きました。

親が思う、こういう環境がいいとか、こういう方法がいいとか、こうあるべきっていうものは、もう全部捨てて良いのかなと思いました。自分が「こうあるべき」を強く持ちすぎて、べきを前提に接すると子供にとっては迷惑というか、負担になるんじゃないかなぁと気付かされたました。小さくても親とは違う人格の人なのだから、自分を基準に育てすぎるのはどうかなぁと思います。

(次回は9月28日号掲載)

kawano

かわの・さおり 1982年に和包丁や食器などのキッチンウエアを取り扱う光琳を設立。2006年米国レストラン関連業界に貢献することを目的に五絆(ゴハン)財団を設立。07年3月国連でNation To Nation NetworkのLeadership Awardを受賞。米国に住む日本人を代表する事業家として活躍の場を広げている。

(2019年8月24日号掲載)

●コラムまとめ●


●Biz 100人委員会
Biz100人委員会とは、本紙を通じて米国の日本人コミュニティーを支援していただくための会です。支援の形として、広告という概念とは別に、会員制の下、本紙を支えていただくとともに、紙面を読者への貢献の場として利用いただいています。
「NEW YORK ビズ!」は「週刊 Business News」に始まり、おかげさまで45周年を迎えました。アメリカン・ドリームを胸に、大きな希望をもって米国に渡ってきた人々へ、幅広い情報を提供することで「異国の大和魂」を応援してまいりました。提供する情報から大きなビジネスの飛躍をした方も少なからずおられ、われわれの喜びとなり日々の活力となっております。
しかし、日々激しく変わる時代において、この充実感を共有できる方々がいること、また今よりもっと読者の応援につながる方法があることに気づきました。ビジネスと人生の成功者であり大先輩である方々に支援・参加いただくことこそ、読者へのより強力な応援と弊紙のさらなる存続につながるのです。米国のチャリティー精神を理解していただく皆さまにこそ、この機会に目を向けていただきければ幸いです。
【問い合わせ】info@weeklybiz.us

〈入会のメリット〉
●社会貢献できる
ご自身の経験やご意見を語っていただくことは、米国の日本人コミュニティーを応援することにつながり ます。ご経験を広く共有して頂ければ幸いです。

●ご自身の声や活動がオフィシャルとなる
執筆頂いた原稿は弊社編集部が確認・校正を入れた上で掲載するため、信頼性のあるメディアに「公」に 出した実績となります。

●今までにない人脈を作ることができる
カテゴリーも年齢もステイタスも違う委員会の同志の人たちとつながることができます。

●ニューヨーク・ビズの紙面づくりに参加できる
100人会のページでは、一方通行の情報配信だけでない、会員の皆さまの意見を反映させた会員が作る紙面となります。ご自分の意見が反映された媒体を持ってはいかがでしょうか。

Share.