富士フイルムがNY写真展、約1万3600点応募作展示に1万人超が来場 「プリントする」ことで『思い』を大切な人々とつなげられる

0

17日から20日の4日間、マンハッタンのグランドセントラル駅構内でFUJIFILM North America Corporationによる写真展「FUJIFILM Print Life Photo Exhibition」が開催された=写真(撮影:徳倉)

展示された写真の数は、圧巻の約1万3600点。1万人以上が来場し、飾られた作品一つ一つを眺めたり、設置された即時プリントサービスコーナーで、スマートフォンに収めた自分の写真をプリントする体験をした。

◇ ◇ ◇

写真は、ウェブサイトを通じて一般から応募された作品のほぼ全てが、撮影者名とコメントとともに展示された。富士フイルムは「”Photo is”想いをつなぐ。5万人の写真展」と題した応募者全員の作品を展示する“参加型写真展”を2006年から日本で開催している。これまでのフォトコンテストとは違う、一般の人々が日常的に写真を楽しむことが目的だ。初回から参加者1万人を超えた展示会は、以降も毎年行なわれ、17年には参加者5万人を超えた。今年より米国含め海外においても本格展開し、米国以外ではドイツ(9月)、マレーシア(10月)、カナダ(11月)、タイ(19年2月)で開催予定で各地の応募作品を合わせると、全世界で合計約10万人の写真を展示予定。

FUJIFILM North America Corporation杉山健社長は、多くの展示を前に「日本だけではなく世界中どこでも、写真の持つ力は変わりがないことを確信しました」と感慨を表した。杉山社長によれば、現在世界で撮られている写真は、一日あたり30億枚ぐらいだという。膨大の数の写真がインターネット交流サイト(SNS)などで共有される中、「プリントする」ことで一味違うサプライズを作れると同社は提案する。「記録する役割のほかに、飾る楽しみや、人に贈る楽しみなどを通じ、『想い』を大切な人々とつなげることができるのです」と杉山社長は述べる。今後も毎年米国での開催は続けたい意向だという。

マンハッタンのグランドセントラル駅構内の写真展会場で取材に応じるFUJIFILM North America Corporation杉山健社長=10月17日、ニューヨーク(撮影:徳倉)

同社では、米ウォルマート、サムズクラブ、コストコなどの量販店にプリント機械を設置しているほか、米女性歌手テイラー・スウィフトさんがアンバサダーを務めるインスタントカメラ「instax/インスタックス」を製造・販売している。

 

Share.